PUBG風の無料ゲーム『Fortnite Battle Royale』を紹介

2017年10月25日

Fortnite Battle Royale

どんなゲームが好きかと問われると、生き残りをかけたサバイバルゲームが好きだと答える、あんころもちです。

サバイバル系のゲームが増えてきた昨今ですが、2017年9月26日に、同じくサバイバル系統の「Fortnite Battle Royale」というゲームが配信されました。

実はこのゲーム、現在、人気急上昇中の「PUBG」と作りがソックリだということで、いま話題を呼んでいるゲームでもあるのです。

今回は、「Fortnite Battle Royale」とはどういったゲームなのかを紹介していき、また、「PUBG」とはどこが違うのかを比較して検証していきたいと思います。

※「PUBG」に関しては、以下の記事でも紹介しております。

Fortnite Battle Royaleとは

Fortnite Battle Royale

「Fortnite Battle Royale(フォートナイト バトルロイヤル)」は、プレイヤー同士がバトルロイヤル方式で戦い合う、オンラインのTPS(三人称視点)アクションゲームとなっています。

本作では、1つの大きなマップに100人ものプレイヤーが参加する為、いつどこで他プレイヤーとの戦闘が始まるのか分からず、緊張感のある戦いをおこなうことができます。

本作は現在、アーリーアクセス版として無料で配信されていますので、ネット環境がある方は気軽にプレイしてみてはいかがでしょうか。

公式サイト:Fortnite Battle Royale
※現在、日本語サイトは開設されておりません。

■Fortnite Battle Royale

  • 配信日:2017年9月26日
  • ※アーリーアクセス版・日本語未対応

  • ジャンル:TPS/アクション
  • 対応機種:PlayStation 4/Xbox One/PC
  • 価格:無料
  • メーカー:Epic Games

バトルロイヤルとは
バトルロイヤル(英語: Battle Royal)は、プロレスなどで見られる試合形式の1つ。

3名以上の個人またはチームが同時に戦い、自分または自分たち以外はすべて敵という状況の中で、失格にならずに最後まで生き残った個人またはチームを勝者と認めるというもの。

アーリーアクセス(早期アクセス)とは
開発中のゲームやソフトウェアを、顧客企業や希望者に提供し、使用してもらう制度のことである。

開発途中のバージョンを公開することで、開発資金の獲得やユーザーからのフィードバックが得られる利点がある。

ゲームの特徴

カートゥーン調で描かれる世界

Fortnite Battle Royale

本作のグラフィックは、使用キャラクターを含め、木や岩、建物まで全てカートゥーン調で描かれています。

その為、リアルなグラフィックが苦手な方にも、受け入れやすいビジュアルとなっているのではないでしょうか。

また、グラフィックがリアルではない分、ゲームの動作がとても軽く、画面のカクつきがほとんど見受けられません。

このことは、シューティングゲームをプレイする上では、かなり嬉しい点でもあります。

1/100を目指すバトルロイヤル

Fortnite Battle Royale

バトルの基本ルール

本作では、バトルの基本ルールに、「100人のプレイヤーが、マップの中で最後の1人になるまで戦う」という、バトルロイヤル方式が設けられています。

Fortnite Battle Royale

1つのマップに100人ものプレイヤーが参加する為、大規模な戦闘が繰り広げられる状況が多々発生します。

もちろん、隠密行動をおこない、影から他プレイヤーを排除することも可能です。

そして、もし他プレイヤーから倒された場合でも、違うマップでの戦いにすぐ参加できますので、何度でも繰り返してプレイすることができるゲームとなっています。

狭まっていく活動エリア

戦闘がおこなわれるマップは、時間が経つにつれて活動できるエリアがだんだんと狭まっていきます。

Fortnite Battle Royale
時間が経つにつれて活動エリアが狭まっていく
■活動エリア一覧

  • 紫の範囲:活動エリア外
  • ※ダメージを受ける

  • 青枠の範囲:現在の活動エリア
  • 白枠の範囲:次の活動エリア

もし活動エリア外に出てしまうと、体力が削られていってしまう為、プレイヤーは急いで活動エリア内へ移動しなければなりません。

Fortnite Battle Royale
活動エリア外では体力が削られていく

そうしなければ、最終的には自滅してしまいます。

時間を追うごとに活動エリアが狭まっていけば、自然と他プレイヤーと接触する機会も増えていくので、エリアを移動する際には細心の注意を払わなければなりません。

仲間と一緒に生き残れ!

本作をプレイする際は、1人(Solo)でバトルに参加する以外に、2人チーム(Duo)や4人チーム(Squad)となってバトルに参加することも可能です。

Fortnite Battle Royale
ロビーでは参加人数を変更することができる

2人や4人チームでも同様に、他チームとバトルロイヤル方式で戦い、自分、もしくは自チームが生き残れば勝ちとなります。

チームプレイで注意する点として、「フレンドリーファイア」がシステムに導入されていますので、他チームとの混戦の際には、注意して引き金を引かなければなりません。

フレンドリーファイアとは

同士討ち(どうしうち)、御方討ち(みかたうち、味方討ち)、同士戦(どしいくさ)、友軍相撃(ゆうぐんそうげき)、友軍による誤射、誤爆は、武力を有した集団などが、友軍および同盟関係にある兵に対して、誤って攻撃をしかけ、損害を与える状況を指す(実戦のみならず、訓練中でも起こりうる)。

環境を変化させるクラフティング

本作には「クラフティングシステム」が導入されている為、既存の環境を破壊し、新たに建物を作成することが可能となっています。

環境破壊システム

Fortnite Battle Royale

本作のバトルでは、全プレイヤーが「つるはし」を装備している状態で、ゲームが開始されます。

この「つるはし」を装備した状態では、マップに設置されている木や家を破壊することができ、マップの環境を破壊することが可能となります。

また、木や家を破壊した際には、「ビルディング」をおこなう為に必要となる、「木材」や「レンガ」といった材料を入手することができます。

ビルディングシステム

Fortnite Battle Royale

「木材」や「レンガ」といった、「ビルディング」に必要な材料が入手できれば、新たな建築物を建てることが可能となります。

「ビルディング」では「床」や「階段」などが作成でき、足場をうまく組み合わせることで、通常では行くことができないような高い所にも、行くことができるようになります。

また建築物は、他プレイヤーからの銃弾を防いでくれる役割を担っていますので、戦闘の際に新たな壁を築くことにより、自分の有利な戦況へと変化させることも可能となることでしょう。

最後の1人になるまで生き残る為には、自分の戦いやすい環境へとマップを変化させることも、重要な戦略の1つとなるのではないでしょうか。

PUBGとの比較

Fortnite Battle Royale

「PUBG」の開発元が、本作のゲーム内容に対して、「うちのゲームとソックリじゃないか」と懸念を抱くほど、本作と「PUBG」にはいくつもの類似点が存在します。

ここでは、どこが同じでどこが違うのか、比較しながら検証していきたいと思います。

類似点

「Fortnite Battle Royale」と「PUBG」の類似点は、以下となります。

  • 100人のプレイヤーが、マップの中で最後の1人になるまで戦う
  • 輸送機に乗って、バトルの会場となる島へと向かう
  • 任意のタイミングで、地上へと降下する
  • ※降下の際は、パラシュートやパラグライダーを使用

  • 武器を持っていない状態からスタート
  • 時間経過と共に、活動エリアが狭まっていく
  • エリア外に出るとダメージを受ける
  • 最後の1人になれば、バトル終了

この内容だけを見ると、ゲーム内容がほぼ同じではないかと感じる方も多いのではないでしょうか。

たしかに、ここまでバトルのルールやバトル開始演出が同じであると、「PUBG」の開発元も黙ってはいられないでしょう。

筆者もそう感じてしまうことを否めません。

しかし、「Fortnite Battle Royale」には、「PUBG」にはない独自のゲーム要素が存在しています。

PUBGとの相違点

「Fortnite Battle Royale」が「PUBG」と相違している箇所は、以下となります。

  • クラフティング要素の導入
  • 無料でプレイできる
  • 家庭用ゲーム機でもできる
  • TPS(3人称)視点のみ
  • 運転できる乗り物が無い
  • 使用キャラクターは、毎回ランダム
  • 現在、日本語未対応

こちらの内容を見てみると、いくつか違いが存在していることが分かります。

それでは、それぞれ詳しく解説していきましょう。

クラフティング要素の導入

本作が「PUBG」と大きく違う点は、やはり「クラフティングシステム」が導入されているところです。

Fortnite Battle Royale
自由度の高いクラフティングがおこなえる

バトルロイヤル方式のゲームが好きな方にとって、より良い武器を見つけ、他プレイヤーとの交戦に打ち勝ち、生き残りを目指すバトルのルールは、それだけでも楽しめるゲームシステムとなっています。

しかし、そのシステムに「クラフティングシステム」が導入されたことで、遊びの幅がより広がる結果へと繋がりました。

無料でプレイできる

同じアーリーアクセス版でありながら、「PUBG」は有料で配信されている為、プレイするには約3,000円ほど支払わなければなりません。

それに対して本作は、無料で配信されている為、ネット環境がある方は気軽にこのゲームを始めることができます。

家庭用ゲーム機でもできる

「PUBG」は、現在PCでのみプレイすることができます。

しかし、求められるPCのスペックが高い為、それなりに高い性能のPCを用意しなければなりません。

一方、本作ではPC以外にも、PlayStation 4やXbox Oneでも配信されている為、ハイスペックPCを持っていない方やPCに詳しくない方でも、始めやすいゲームとなっています。

TPS(3人称)視点のみ

「PUBG」では、視点をTPS(3人称)とFPS(1人称)に切り替えることができますが、本作ではFPSに切り替えることはできません。

Fortnite Battle Royale
本作はTPS視点のみ

シューティングゲームが好きな方は、FPSでの視点が好きな方が多いのではないかと思われますので、TPSでの視点でゲームをしているうちに、TPSだけだと物足りなく感じてしまうのではないでしょうか。

運転できる乗り物が無い

「PUBG」では、車やバイクに乗ってマップを移動することができますが、本作では、車といった乗り物はマップのオブジェクトとして配置されているのみです。

Fortnite Battle Royale
PUBGではフレンドとドライブもできる

乗り物を運転できるかできないかで、遊びの幅もかなり違ってきます。

例えば、「PUBG」では、カーチェイス中に銃撃戦をおこなうといった、迫力のあるゲームを展開させることもできますが、本作では、乗り物は他プレイヤーからの弾よけにするぐらいしか活用方法がありません。

Fortnite Battle Royale
本作では、弾よけかクラフティングの材料にするしか用途がない

使用キャラクターは、毎回ランダム

本作は使用キャラクターが固定ではない為、「PUBG」のように「使用キャラクターをカスタマイズさせる」といった楽しみ方ができず、使用キャラクターに対して愛着を持つことが困難です。

現在、日本語未対応

「PUBG」では、ロビー画面はまだ日本語に対応していないものの、バトル画面はすでに日本語へ対応されています。

しかし本作は、現状すべて日本語未対応である為、複雑な英語は使われておりませんが、英語に抵抗のある方にとっては、取っ付きにくくなってしまっているのではないでしょうか。

「PUBG」の方が先にリリースされている為、日本語への対応の差はどうしてもあるものの、早めの対応をおこなわなければ、日本での展開が難しくなってくるのではないかと思われます。

実は人気上昇中のFortnite Battle Royale

Fortnite Battle Royale

「PUBG」ほど爆発的な人気は出ていないものの、「PUBG」にソックリであると一躍注目を浴び、また家庭用ゲーム機でも無料で遊べることから、本作はじわじわとその人気度を高めていっています。

「PUBG」と比べてできない要素もありますが、早いテンポでカジュアルにバトルが展開していく為、人によってはこちらの方が合うという方も多いかもしれません。

そして、やはり1番大きな点は、クラフティング要素の導入ではないでしょうか。

近年では、マップの環境を破壊したり、自分独自のものを作成するゲームシステムが好まれる傾向にありますので、このシステムを導入したことは、本作が人気の作品へとなった要因ではないかと思えます。

現在、プレイ人数が1000万人を突破しており、今後ますますその人気を高めていくことでしょう。

まとめ

今回は、PUBG風だとか、PUBGを真似したゲームだとか言われている「Fortnite Battle Royale」を取り上げていきました。

双方それぞれに独自の楽しみ方が存在し、2作品ともとても楽しめるゲームであることは間違いありません。

自分に合ったゲームを楽しみ、快適なゲームライフを送っていきましょう。

次回の洋ゲ―を紹介するコーナーでは、「Fortnite Battle Royale」を始める為にはどうすれば良いのかを、取り上げていきたいと思います。

「PUBGにクラフティング要素が追加されれば、最強なのではないか」と頭をよぎった、あんころもちでした。

The following two tabs change content below.
あんころもち

あんころもち

日々、ゲームと筋肉の文武両道を目指している『あんころもち』。 好きなジャンルは、サバイバルやローグライク系。 みなさんに海外ゲームの魅力を伝えられるような、記事を書いていきたいと思います♪

げーほり編集部がオススメする面白いスマホゲームアプリをご紹介!

げーほり編集部のメンバーが、数多くのスマホアプリを遊んだ中から、特に面白かった5つのスマホアプリを厳選してみました!