プロゲーマーを育成する専門学校をご紹介!気になる卒業後の進路や生活は?

プロゲーマー専門学校

eスポーツの世界を猛勉強中の、あんころもちです。

勉強といえば、みなさんは近年プロゲーマーを育成する専門学校があることををご存知でしょうか。

プロゲーマーの専門学校は、日本では昨年初めて東京で開校され、専門学校としてはまだまだ新規のジャンルと言えます。

そのため、プロゲーマーを目指している方でも、まだこういった学校があることを知らない方もいるのではないでしょうか。

今回は、現在日本で開校しているプロゲーマー専門学校2校と、来年の4月に開校予定の1校をご紹介していき、プロゲーマーとしての現実についても着目していこうと思います。

東京アニメ・声優専門学校

東京アニメ・声優専門学校

「東京アニメ・声優専門学校」は、クリエイター・声優・eスポーツを軸にエンターテイメント業界で活躍するクリエイター・アーティストを教育する専修学校であり、2011年に開校されました。

同校では、2016年の春に専門課程「e-sportsプロフェッショナルゲーマーワールド」コースが開設され、日本では初のプロゲーマーを目指せる専門学校として、注目を集めました。

公式サイト:東京アニメ・声優専門学校

学校の特徴

  • 産学共同プロジェクト
  • 在学中からeスポーツ関連企業とのプロジェクトやイベントを開催し、自分の個性を各業界に披露できるチャンスを設けているそうです。

    一例として、ゲームやスポーツ事業を手掛ける「株式会社ディー・エヌ・エー」にて、ゲームの企画開発に同校の学生が参加し、学生の立場からゲームの企画に対し新しい提案などをおこないました。

    東京アニメ・声優専門学校

    また昨年の「東京ゲームショウ2016」では、intelブースにて選手として参戦したり、イベントスタッフとしても参加し、会場の準備から当日の運営までおこなったようです。

  • 海外研修
  • eスポーツの世界レベルを体験する為に、世界各地のeスポーツ企業を訪問し、プロチームと対戦したり、特別講義を受講したりするそうです。

    同校の協力企業は、アメリカの半導体メーカー「NVIDIA」や、「Amazon.com」 が提供するライブストリーミング配信プラットフォーム「Twitch」などといった、世界的なeスポーツ企業が挙げられます。

    ライブストリーミング配信とは
    ライブ配信は、ライブストリーミングによる、リアルタイム動画配信サービス。PCやスマートフォンなどのデバイスから配信される事が多い。

  • プロの大会でも使用される施設
  • 同校の施設には、最先端のゲーミングデバイス(ゲーム周辺機器)を完備したeスポーツ専用のルームが設置されています。

    ステージや実況ブースを完備したイベントルーム「EL Stage(Esports Legends Stage)」や、最新のゲーミングPCを完備したeスポーツ専用ルーム「esports Room」などです。

    これらのルームには、プロの大会でも使用される機材が置かれているようで、学生達は思う存分ゲームの腕を磨いたり、機材の使い方を学ぶことが出来るそうです。

    東京アニメ・声優専門学校

  • eスポーツ業界をリードする1流講師
  • 同校には、プロゲーマーからeスポーツ業界のプロデューサーに至るまで、各方面の講師陣が在籍しています。

    また、日本初のプロゲーマー「梅原 大吾」氏を迎えて特別講義をおこなったりと、同校では層の厚い1流講師陣による授業を受けることができます。
    梅原 大吾

専攻

e-sportsプロフェッショナルゲーマーワールド

「e-sportsプロフェッショナルゲーマーワールド」コースでは、プロゲーマーを目指すための専攻以外にも、eスポーツの大会MCや、eスポーツチームのマネジメントなど、eスポーツ関連の専攻が6つ用意されています。

  • 総合プロゲーマー
  • プロゲーマー、プロゲームチームのマネージャーを目指すための専攻。

    ■目指せる仕事
    ・プロゲーマー
    ・プロチームマネージャー
    ・プロチームアナリスト
    ・プロチームコーチ
  • キャスター
  • eスポーツ大会の舞台で活躍するゲーム実況・MCを目指すための専攻。

    ■目指せる仕事
    ・eスポーツ実況者
    ・eスポーツ解説者
    ・大会MC
  • 宣伝プロモーション
  • eスポーツ業界、ゲーム業界で就職や企業を目指すための専攻。

    ■目指せる仕事
    ・プロチーム宣伝スタッフ
    ・eスポーツ業界での企業
    ・eスポーツ業界各社への就職
  • イベントスタッフ
  • eスポーツの大会やイベントを作り挙げるスペシャリストを目指すための専攻。

    ■目指せる仕事
    ・イベントスタッフ
    ・イベントプロデューサー
    ・イベントディレクター
  • マネジメント
  • eスポーツチーム運営やマネジメントを目指すための専攻。

    ■目指せる仕事
    ・eスポーツプロデューサー
    ・eスポーツ監督
    ・eスポーツマネージャー
    ・eスポーツアナリスト
  • ゲームクリエーター
  • PCゲーム、アプリゲームなどの、eスポーツタイトルが開発できるようになるためのスキルを学ぶ専攻。

    ■目指せる仕事
    ・ゲームクリエーター
    ・eスポーツ業界での企業
    ・eスポーツ業界各社への就職

授業内容

専攻によって、さまざまスキルを習得していき、多岐にわたる知識を学ぶことができます。

  • 総合プロゲーマー
  • ・現役のプロゲーマーによる直接指導で、さまざまなeスポーツタイトルゲームの戦略や戦術を習得していく。

    ・プロマインドやチームコミュニケーションなど、プロに必要なスキルを広範囲に渡って学ぶことができる。

  • キャスター
  • ・世の中にeスポーツの熱狂と迫力を「言葉」で的確に伝えるための知識や技術を習得していく。

    ・あらゆる舞台で活躍するプロの実況者や司会者を講師陣に迎え、視聴者を感動させる「コツ」を学ぶ。

  • 宣伝プロモーション
  • ・eスポーツビジネスに関わる基礎知識やマーケティング・スポーツビジネスのなどを習得していく。

    ・eスポーツの業界関係者を迎え、世界や日本のeスポーツシーンを学び、業界に必要なものを見抜く力を養う。

  • イベントスタッフ
  • ・eスポーツの大会やイベントを「企画する」「作る」「運営する」「伝える」ための基礎知識や技術を習得していく。

    ・裏方のスペシャリストとして、機材の操作方法やイベントノウハウを学び、実際にイベントを運営する授業を通じて、運営に必要な力を養う。

  • マネジメント
  • ・チームの運営を学ぶことによって、基礎知識やビジネスマナーなど、チームに必要不可欠なマネジメントスキルを習得していく。

    ・アナリストや経営などを総合的に学び、eスポーツ業界を盛り上げるためのスキルを身につけることができる。

  • ゲームクリエーター
  • ・PCゲームやアプリゲームの、ゲームプランニング、プログラミング等を幅広く学ぶ。

    ・eスポーツの知識を取り入れた新しいゲームタイトルを開発できるように、eスポーツの業界とともに学ぶことができる。

入試

「東京アニメ・声優専門学校」では、出願方法が7つ用意されており、さまざまな方法で出願することができます。

  • AO入試
  • Myスクール特別推薦
  • 高等学校推薦
  • 指定校推薦
  • 一般入試
  • 社会人入試
  • 編入学

また、選考方法は面接選考と書類選考をおこなうようです。

「東京アニメ・声優専門学校」に興味のある方は、下記リンクより入試内容を確認し、資料請求もおこなってみてはどうでしょうか。

入試に関する詳しい内容はこちらで確認することができます。

授業料

開設当時の2016年度では、以下の授業料となっており、2年でおおよそ3,000,000円程となっておりました。

■「e-sportsプロフェッショナルゲーマーワールド」コース授業料
・初年度: 1,460,000円
・進級時: 1,450,000円

同校のホームページ上では来年度の授業料は記載されておりませんが、学校資料には記載されているようです。

同校の資料請求はこちらのページから申し込みができます。

オープンキャンパス

東京アニメ・声優専門学校

同校ではオープンキャンパスの際に、プロ仕様のゲーミングデバイスや人気のesportsタイトルが体験できる授業を受けることができます。

10月末まで開催されていますので、参加してみたい方はまだまだ間に合いますよ。

開催の日程と時間は以下となっております。
■2017年度:開催日程
・10月
1日(日)、8日(日)、9日(月)、15日(日)、22日(日)、29日(日)

■開催時間
11:40~16:30

アクセス

北海道ハイテクノロジー専門学校

北海道ハイテクノロジー専門学校

「北海道ハイテクノロジー専門学校」は医療、バイオテクノロジー、IT、保育福祉の13学科で構成されており、在校生数は約1300名在籍し、数多くの卒業生を輩出した道内最大級の総合専門学校となっております。

そして今年の4月、プロゲーマーを目指せる道内唯一の学校として、「eスポーツプロフェッショナルゲーマー専攻」が開設されました。

公式サイト:北海道ハイテクノロジー専門学校

学校の特徴

  • 一般社団法人日本eスポーツ協会との連携した学び
  • 北海道で開催されるeスポーツ大会に在校生がプレーヤーとして出場したり、また運営スタッフとしてサポートなど、eスポーツ最前線の現場に常に参加できる環境があります。

  • プロゲーマーチーム「Naturals HOKKAIDO」のスポンサー
  • Naturals HOKKAIDO
    eスポーツ大会で活躍するプロゲーマーから直接ゲームの戦略を学べます。チームとともに大会をサポートし、腕次第では在校中にプロチームに入る可能性もあるそうです。

  • eスポーツ専用の実習室を完備
  • 北海道ハイテクノロジー専門学校
    同校と連携している「logicool」の最新デバイス機器や「DXRACER」のチェアなど、実習室には実況解説も意識したeスポーツ専用の設備が設けられています。

  • 講師
  • 下川 洋平

    プロゲーマーチーム「Naturals HOKKAIDO」のコーチとしてチームを率いている「下川 洋平」氏が講師を務めています。

    同氏は「League of Legends」や「Hearthstone」などPCゲームをメインにプレイヤーとして、また実況・解説を行う一方で、「e-sports SQUARE」の初代スタッフとして、eスポーツの普及・発展させてきた第一人者です。

専攻

eスポーツプロフェッショナルゲーマー専攻

  • eスポーツプロフェッショナルゲーマー専攻
  • プロゲーマーやeスポーツに関わる職業を目指せる専攻。

    ■目指せる仕事
    ・プロゲーマー
    ・eスポーツマネジメント
    ・eスポーツ実況解説者
    ・eスポーツ専用施設運営
    ・eスポーツイベントプロモーター
    ・eスポーツデバイス関連企業

授業内容

  • eスポーツプロフェッショナルゲーマー専攻
  • ・チームを組んでゲーム演習をおこない、戦略、実践、反省を繰り返し、eスポーツ大会で勝ち抜けるスキルとチームを推進する力を身につける。

    ・ゲームの実況や解説の方法、Webの配信方法などの専門スキルを学ぶ。

    ・イベントプランニングをおこない、eスポーツイベントに必要な大会運営の方法や資料作成など、イベント企画についてより実践的に学ぶ。

入試

「eスポーツプロフェッショナルゲーマー専攻」では、以下の出願方法があります。

  • 一般入試
  • 推薦入試
  • AO入試

AO入試は8月から出願がおこなえ、一般・推薦入試の出願は10月から開始されます。

入試に関する詳しい内容はこちらで確認することができます。

授業料

「eスポーツプロフェッショナルゲーマー専攻」が所属する「ITメディア学科」は、以下の授業料となっています。

他の2校に比べると学費が1番抑えられているところは、同校を注目しておくべき点のひとつではないでしょうか。

■「ITメディア学科」授業料
・1年時:約1,180,000円
・2年時:約1,135,000円

同校の資料請求はこちらのページから申し込みができます。

オープンキャンパス

北海道ハイテクノロジー専門学校

オープンキャンパスの際には、eスポーツに関する授業や、人気ゲーム「シャドーバース」の大会などに参加することができます。

同校では、オープンキャンパス以外にも学校説明会が定期的に開かれていますので、興味のあるかたは参加してみてはいかがでしょうか。

オープンキャンパスの開催日程と時間は以下となっております。
■2017年度:開催日程
・10月
7日(土)、29日(日)
・11月
11日(土)、18日(土)
・12月
17日(日)

■開催時間
11:00から受付開始

アクセス

OCA大阪デザイン&IT専門学校

OCA大阪デザイン&IT専門学校

「OCA大阪デザイン&IT専門学校」は、1300社を超える企業とともに、産学連携で在学中から学ぶ実践教育を掲げており、プロによる実践的授業と、出版社と学生をつなぐデビューセンターのサポートによって、プロデビューの実現を目指す学校です。

そして同校では、来年の4月に西日本初のプロゲーマーを目指せる「e-sportsワールド」学科が開設されます。

公式サイト:OCA大阪デザイン&IT専門学校

学校の特徴

  • eスポーツ企業・団体100社以上がバックアップ
  • 「スクウェア・エニックス 」や「Logicool」といった、トップレベルのeスポーツ企業が同校をバップアップしており、より業界に近い距離でeスポーツを学ぶことができます。

  • 海外研修
  • OCA大阪デザイン&IT専門学校

    海外研修では、eスポーツの聖地アメリカにて、プロチームとの対戦や直接指導を受けることもできるようです。

    同校ではさまざまなバックアップ企業により、多くの経験を積むことができます。

  • 最先端のゲーミングデバイスを備えた設備で学べる
  • OCA大阪デザイン&IT専門学校

    ハイスペックPCや最先端のゲーミングデバイス、長時間座っても疲れにくいゲーミングチェアなど、e-sportsを学ぶための最高の環境が用意されています。

    プロの大会でも使用されている、関西トップクラスの施設となっています。

  • eスポーツ業界トップレベルの講師陣
  • CYCLOPS OSAKA athletegaming

    大阪発のプロゲーミングチーム「CYCLOPS OSAKA athletegaming」や、その他にもeスポーツ業界に携わる講師が多数在籍しており、直接プロや業界の方々からさまざまなスキルや知識を学べるそうです。

専攻

OCA大阪デザイン&IT専門学校

「e-sportsワールド」学科では、即戦力となる人材を育成するための3つの専攻が設けられています。

また、どの専攻も3年制となっているので、じっくりとプロへの力をつけていくことが出来ます。

  • プロゲーマー
  • ・プロゲーマー、プロゲームチームのマネージャーを目指すための専攻。

    ■目指せる仕事
    ・プロゲーマー
    ・プロチームマネージャー
    ・プロチームアナリスト
    ・プロチームコーチ
  • クリエーター
  • ・eスポーツの知識を持ったゲームクリエーターを目指すための専攻。

    ■目指せる仕事
    ・ゲームプロデューサー
    ・ゲームディレクター
    ・ゲームプランナー
    ・ゲームグラフィックデザイナー
    ・ゲームプログラマー
  • イベントスタッフ
  • ・eスポーツの大会やイベントをつくり上げるスペシャリストを目指すための専攻。

    ■目指せる仕事
    ・eスポーツイベントスタッフ
    ・eスポーツイベントプロデューサー
    ・eスポーツイベントディレクター

授業内容

  • プロゲーマー
  • ・現役のプロゲーマーによる直接指導により、さまざまなeスポーツタイトルゲームに挑戦し、ゲームの戦略や戦術を習得する。

    ・ゲーム実習やプレゼンテーション、セルフマネジメントなどのカリキュラムにより、プロゲーマーに必要なスキルや知識を学んでいく。

  • クリエーター
  • ・ゲームプランニングやプログラミングなどを幅広く学ぶ。

    ・最新のハイスペックな機材を使用し、ゲームを作る上での知識を習得していく。

  • イベントスタッフ
  • ・eスポーツの大会やイベントを開催するための基礎知識や技術を習得する。

    ・機材の操作やイベントノウハウを学び、実際にイベントを運営する授業を体験し、イベント運営に必要な力を養う。

入試

「OCA大阪デザイン&IT専門学校」では、6つの出願方法が用意されています。

  • AO入学
  • 指定校推薦
  • 高等学校推薦
  • 一般入学
  • 社会人入学
  • 編入学

また同校では、今年から「ネット出願」を導入しており、同校のホームページから出願をおこなうこともできます。

「ネット出願」や入試に関する詳しい内容はこちらで確認することができます。

授業料

「e-sportsワールド」学科では初年度納入金や2年時以降の学費が約1,500,000円程となっています。

同学科は3年制となっていますので、3年間での学費は約4,500,000円程となります。

詳しい金額に関しては学校資料に記載されているようですので、興味のある方は資料を請求してみてはいかがでしょうか。

同校の資料請求はこちらのページから申し込みができます。

オープンキャンパス

OCA大阪デザイン&IT専門学校

同校ではオープンキャンパスの際に、さまざまなゲームタイトルを最新デバイスでプレイしたり、eスポーツに関する授業を体験することができます。

西日本でプロゲーマーを目指せる専門学校はここだけですので、興味のある方は参加してみて、学校の雰囲気を味わってみるのもいいかもしれませんね。

開催の日程と時間は以下となっております。
■2017年度:開催日程
・9月
30日(土)
・10月
毎週、土曜と日曜に開催。

■開催時間
12:00~15:20

アクセス

プロゲーマー専門学校の卒業生の進路は?

理想な卒業生の進路

eスポーツ
やはりプロゲーマー專門学校に入学したからには、卒業後はプロゲーマーやゲームクリエーター、eスポーツプロデューサー等を目指す学生がほとんどではないでしょうか。

どんどん盛り上がりをみせているeスポーツ業界は、これからますます華やかな世界になってくるでしょう。

それぞれのの学校では、プロの講師陣からの育成が受けられるため、いままで以上にプロゲーマー等を目指せる環境が日本では整いつつあると言えます。

プロゲーマー專門学校は、昨年日本で初めて開設されたばかりです。

プロゲーマー專門学校の卒業後の進路がどのようになるかは、1期生が卒業する来年の春にはっきりと示されるので、この世界を目指している方々は卒業生達の進路にも注目しておきましょう。

卒業後の現実は?


入学を希望する方々は、卒業後に希望するそれぞれの道は過酷な道へとなっていることを理解しておかなければなりません。

たとえば、プロゲーマーを目指す方は、プロチームやスポンサーを見つけないとプロゲーマーとしての活動は困難を極めます。

それは、日本でのeスポーツ大会の賞金額が世界大会に比べてかなり少額になっているからです。

国内大会の賞金だけでは日常生活やプロ活動をおこなうには金額が少なすぎるため、現在プロとして活動している方のほとんどがプロチームに所属しているか、eスポーツ関連企業とスポンサー契約を結んでいます。

もし卒業直後にプロを目指すのであれば、在学中からさまざま大会で実力や実績を積み、各方面へのセルフプロデュースが重要になってくるのかと思えます。

また、ゲームクリエーターといった道へ進む場合、入社するためにはしっかりとしたスキルと知識を在学中に身につけておかなければ、採用は難しくなります。

本気でその道へ進みたいならば、卒業までに自分で企画やシナリオ、ゲームなどを作成しておき、面接等でその活動や作品の提出をおこなえば、その世界への道が一歩近づくのではないでしょうか。

厳しい現実を書きましたが、実際にそれを実行している方々がいます。

東京アニメ・声優専門学校の学生チーム「Road Creation」です。

Road Creation

彼らは、昨年の11月に開催された上海予選リーグで優勝し、同年12月に中国・武漢で開催されたeスポーツの学生世界大会「University Cyber Games」の日本代表として出場を果たしました。

また、彼らは今年の7月に開催された「League of Legends International College Cup」という、大学、専門学校の学生チーム限定のeスポーツ学生世界大会へも出場しています。

こういった先を見据えた活動や大舞台での活躍は、これからプロゲーマーを目指す方々への指針となるのではないでしょうか。

実際のところ、プロゲーマーとして生きていけるのか・・・

プロゲーマーとしての「光」


プロゲーマーの世界的トップ選手ともなると、約2億円もの賞金を世界大会で手にし、またeスポーツ関連企業からのスポンサー契約やCMオファーが舞い込むことで、かなりの収入が得られます。

ただ、国内の法律の関係上、日本人選手は世界大会で高額賞金を受け取ることは難しい状態であるため、プロチームへの所属や企業からのスポンサー契約などが重要となっています。

とはいえ、日本人プロゲーマー「梅原 大吾」氏の収入は、2015年のインタビューなどから約2,000万円~3,000万円ほどと言われています。

海外と比べると少ないように思えますが、一般サラリーマンの収入から比べると、それでも夢のある金額ではないでしょうか。

近年、eスポーツに参入する企業も増えているため、日本人プロゲーマーでもますます収入額がアップしていくかと思われます。

プロゲーマーの闇


大舞台で活躍すれば華やかな世界が待っているプロゲーマーの世界ですが、実際にそこまでいっている選手は一握りです。

とくに日本人選手の場合、プロチームに所属し毎月の給料が保証されているか、企業とスポンサー契約を結び契約金や機材の援助がなければ、国内大会の賞金だけでは日常生活はおろかプロ活動をおこなうことは困難を極めます。

しかし、プロチームへ所属するには相応のスキルや知識が備わっていなければならず、スポンサー契約ともなるとさまざまな大会で優勝し、知名度を挙げていかなければなりません。

また、プロゲーマー達はゲームの練習などにかなりの時間を費やしているため、他業種で働いて収入を得ながらゲームのスキルを磨いていくことは、現実的にかなり難しいのではないかと思われます。

働かなければ生活ができない。働けば練習時間がなくなる。

このようなジレンマに打ち勝ち、厳しい環境でも練習を積み重ねられる人物こそが、この世界の頂点に立てるのではないでしょうか。

まとめ

今回はプロゲーマー専門学校の紹介と、プロゲーマーとしての現実などを書いていきました。

過酷な道ではありますが、そのぶん華やかで夢も大きいeスポーツの世界。

その第一歩を踏み出すには、プロゲーマー専門学校という場はかなり恵まれた環境だと思います!

プロゲーマーを目指す方は、まずはオープンキャンパスで学校の雰囲気を確かめてみてはいかがでしょうか。

これらの専門学校から、世界の頂点に立つ選手が生まれてくることに期待したい、あんころもちでした。

The following two tabs change content below.
あんころもち

あんころもち

日々、ゲームと筋肉の文武両道を目指している『あんころもち』。 好きなジャンルは、サバイバルやローグライク系。 みなさんに海外ゲームの魅力を伝えられるような、記事を書いていきたいと思います♪

げーほり編集部がオススメする面白いスマホゲームアプリをご紹介!

げーほり編集部のメンバーが、数多くのスマホアプリを遊んだ中から、特に面白かった5つのスマホアプリを厳選してみました!