e-sports squareってどんな場所?遊べて、観戦もできるスポットを紹介

e-sports square
プロゲーマーの試合を生で見たことがないので、見たくてウズウズしているTAIYOです。

テレビやネットで見る機会が少しずつ増えてきましたがまだ、プロゲーマー同士の試合を直接見に行ったことはありません。

今回は観戦できるe-sportsに特化した施設をご紹介します。

e-sports squareとは

e-sports SQUARE(イースポーツスクエア)とは、東京都千代田区にある、e-sports(エレクトロニック・スポーツ)専用施設です。

店舗には競技用ステージ、観戦スペース、バーが設置されており、 大会や観戦会などe-sportsイベントの他、新作発表会やコミュニティのオフ会などゲーム関係全般のイベントが開催されています。
Twitter:@e_sports_SQUARE
公式サイト:https://e-sports-square.com/

e-sports square 料金

施設料金 ※2017年1月より適用されます。

適用前料金についてはこちらでお問合せください。

一般貸出プラン

※レイアウトによっては、時間外貸出費用+人件費を頂く場合がございます。

パーティープラン(ゲームプレイ可)

パーティープラン(ゲームプレイ可)
※プレイ可能なゲームタイトルについては要相談。
※ご利用時間から15分過ぎた時点で時間外料金が発生します。

レンタルスペース利用(10:00~17:00)

レンタルスペース
※時間厳守。(基本的に延長などは認められません。)
※5時間以上のご利用は通常の施設利用の料金をご案内いたします。
※準備設営時間などは特別設けられません。

オプション

オプション

フードメニュー

お腹が空いたらフードメニューもあります。
メニューと料金の詳細はこちらから

e-sports square スト5

FCA
毎週水曜日19:00~23:00にて定期的にSF5対戦スペース「Fighter’s Crossover -AKIBA-」が行われています。

コンセプト

ゲーセンのように誰でも気軽に対戦できる場として、基本毎週水曜日に秋葉原のe-sports square内にスペースを借りて対戦会を開催しています。

水曜に秋葉に来ればガッツリ対戦できるという、昔で言う「※金モア」のような環境を目指しています。

※金曜日夜の「アミューズメントフォーラム・モア」の略称。「格闘ゲームの聖地」とも呼ばれていた新宿のゲームセンターで、金曜夜になると多くの人が集まって対戦で盛り上がっていた。

Fighter’s Crossover -AKIBA-(略称:FCA)

FCAは、ランキングバトルやトーナメントなどが開催されています。

初心者の方から上級者の方までどなたでも『STREET FIGHTER V』を楽しめるイベントです。

コース 金額 備考
2時間コース(1ドリンク付き) 1,300円(18歳未満1,000円)
3時間コース(1ドリンク付き) 1,800円(18歳未満1,500円)
閉店までコース(2ドリンク付き最大4時間) 2,500円(18歳未満 不可) 19:30までに入店された
18歳以上の方のみ選択可能
延長料金(コース1,2のみ) 400円/30分 18歳未満も同じ

e-sports square アクセス

e-sports square 求人

イベントスタッフ

イベントの企画MTG~実施まですべてに携わることができます。

ほぼ100%、e-sportsもしくはゲームに関連したイベント業務です。

  • イベントの台本や概要書作成などの制作業務
  • 音響、照明、映像、配信などの技術業務
  • お客さんをアテンドする運営業務

イベント業務に関しては、すべて携わることができます。

初心者も大歓迎とのことです。

先輩スタッフが制作進行から機材の使い方までレクチャーしてくれるそうなので安心して働ける環境ですね。

詳細はこちらから

まとめ

このような環境でゲームが遊べると絶対に楽しいです。

みんなでワイワイ集まれる場所で格闘ゲームをすることで、より格闘ゲームの魅力は増します。

格闘ゲームってこんなに楽しかったの!?ということを知ることができる場所だと思いました。

東京に行った時には、ご興味があれば是非遊びに行ってみてください。

筆者TAIYOは、絶対に東京に行った時には行きたいと思っています!

他にも系列は違いますが、新大久保に「e-sports cafe」というのがあります。

e-sports squareとは違った「e-sports」をコンセプトとしたインターネットカフェです。

TAIYO

生後3カ月からゲームに目覚めた生粋のゲーマーです!
ジャンルは幅広く遊んでいるので浅く広くという感じです。
楽しく熱意の伝わるゲーム記事を書いていきたいと思います!

2017年9月9日e-sports施設