九州初のe-sports専攻!福岡デザイン&テクノロジー専門学校

FCA福岡デザイン&テクノロジー専門学校
e-sports専門学校が九州にできる!

どうもこんにちは。私です。

最近ではよく、テレビや雑誌など、インターネット以外のメディアでも取り上げられることが多くなってきたe-sports。

各業界からその経済的、文化的な成長ぶりに驚かれています。

今回は、2016年に日本で初めて開講された東京アニメ・声優専門学校の姉妹校であり、2019年に九州で初めて開講される、福岡デザイン&テクノロジー専門学校のe-sportプロゲーマー専攻について見ていきたいと思います!

※東京・大阪・北海道のプロゲーマー専門学校はこちら

福岡デザイン&テクノロジー専門学校について

福岡デザイン&テクノロジー専門学校
福岡デザイン&テクノロジー専門学校は、アニメーション、漫画、ゲームデザイン、プログラミング、システムエンジニアリングなどが学べる専門学校です。

2019年には、e-sportsプロゲーマー/e-sportsマネジメント専攻という枠組みが追加されることになります。

e-sportプロゲーマー専攻は三年制となっています。

福岡デザイン&テクノロジー専門学校のホームページはこちらから

Twitter:@fca_topics
Facebook:@fcatopics
YouTube:thefcachannel

e-sportプロゲーマー専攻で学べること

プロゲーマー
e-sportプロゲーマー専攻は、いったいどのようなことが学べるのでしょうか?

e-sportプロゲーマー専攻では、ここでしか受けられない授業が多くあります。

まず、何といっても外せないのが「ゲーム実習Ⅰ」や「ゲーム基礎実習」といった、ゲームプレイそのものに関わる授業があるということです。

これらの授業では、プロチームの監督やコーチから実践的な技術や戦略を学んだり、さまざまなe-sportsタイトルゲームの基礎知識やルール、世界に通用する戦略や戦術の基礎知識を学ぶことが出来ます。

また、「ビジネスマナー」や「プロフェッショナルマインド」などの授業もあります。

これらは、e-sportsシーンで活躍する人材に必要な社会人としてのマナーや心構えを習得することが出来たり、プロe-sportsシーンで活躍する人材に必要なプロマインドやスキルを養成することが出来ます。

さらに、プロのe-sports選手として必要不可欠な要素となるコミュニケーションの授業もしっかりとあります。

「ゲーム英会話」や「コミュニケーションスキルアップ」などの授業を受けることが出来、ゲーム用語などを中心とした英会話のスキルを習得することが出来たり、良好な人間関係の構築を目的に、自己表現・ホスピタリティスキル・サービスマインドを学ぶことが出来るようです。

卒業後の進路

進路
e-sportプロゲーマー専攻を卒業した場合、どのような仕事を行うことが出来るのか見ていきたいと思います。

e-sportプロゲーマー専攻を卒業した後の進路としては、主に二種類あります。

一つ目はゲームをプレイすることを職業とすること。

二つ目はe-sportsの大会運営や、チームのマネージメント、監督、アナリストやライターなどといった、ゲームをプレイすることを職業にするのではなく、ゲームをプレイすることを職業にしている人たちをサポートしたり、e-sportsをもっと広める活動を職業にすることです。

上記であげた仕事を紹介します。

プロゲーマー

これは、この専攻に入学したいと考えている人間の多くが目標としている職業ではないでしょうか。

e-sportプロゲーマー専攻で学ぶことが出来れば、そのチャンスは巡ってくるかもしれません。

他にはゲームタレント・ゲーム実況・MCなどがあります。

これらは、動画配信サイトで自分のゲームプレイを視聴してもらったり、e-sportsのイベントなどに出て、MCをしたり、実際にゲームをしたりすることが仕事です。

最近では、YouTubeやニコニコ動画でゲーム配信を行うことで生計を立てている人も存在します。

e-sports関連のプロデューサー・監督・マネージャー

プロゲーミングチームを実際に結成して、組織を運営したり、スポンサーを探したり、選手の管理などをします。

e-sports関連のアナリスト・ライター・イベントスタッフ

e-sportsをもっと広げていくための活動を行います。

他にも「e-sports関連企業への就職・企業」などがあります。

e-sportプロゲーマー専攻で学んだことを活かし、e-sportsを行う者の目線から様々な場面で活躍することが出来るでしょう。

入試について

e-sportプロゲーマー専攻に入学したいけど、入試ってどうなってるの?

そんな気になる入学試験について、見ていきたいと思います。

e-sportプロゲーマー専攻に入学するには、まず、入学資格が必要です。

入学資格は

  • 「高等学校卒業(卒業見込みを含む)以上の者」
  • 「文部科学省高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)合格者(合格見込みを含む)」
  • 「専修学校高等課程(大学入学資格付与校3年課程)卒業者(卒業見込みを含む)」
  • 「高等専門学校の3年以上の修了者(修了見込みを含む)」
  • 「外国において学校教育12年以上の課程を修了した者」
  • 「文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして、認定した在外教育施設の当該課程を修了した者」

上記のうち一つが必要となります。

簡単に言ってしまえば「高等学校卒業(もしくは見込み)かそれと同じ資格」があれば大丈夫ということです。
大学受験と同じですね。

次に入試の方法ですが、これには四種類あります。

AO入学

俗に言う、「AO入試」というやつです。

この入学方法は、「AO入学エントリーシート」を記入、提出し、作文と面接を経て選考される方法です。

高等学校推薦

願書を提出し、作文、書類選考、面接を経て選考される方法です。

この入試方式を受けるには、高校からの推薦をもらう必要があります。

ですので、高校での成績がある程度必要だったり、品行などが優れているかが重要となります。

一般入学

この方法では、願書を提出し、作文、書類選考、高校の調査書による選考、面接を経て選考される方法です。

社会人入学

これは、三つ目の「一般入学」とあまり変わりません。

これは主に社会人、大学生、短期大学生向けの入試制度となっています。

学費っていくらくらい?

福岡デザイン&テクノロジー専門学校のe-sportプロゲーマー専攻の気になる学費ですが、e-sportプロゲーマー専攻はゲームワールドというコースのうちの一つなので、ゲームデザインやゲームプログラムと同じ、1,357,000円一年目の総学費になると思われます。

二年時以降1,395,800円が学費としてかかるようです。

これは私立の四年制大学の学費とほぼ同じくらいといえます。

学費に関する詳細はこちらから。

同校の資料請求はこちらのページから申し込みができます。

行ってみよう!オープンキャンパス!

オープンキャンパス
どこの大学や専門学校でも、最近ではオープンキャンパスというものを開催しています。

オープンキャンパスを行うことで、どのような授業を行っているかや、施設などを実際に見てもらうことを目的としています。

アクセス


福岡デザイン&テクノロジー専門学校は福岡市博多区石城町21-2にあります。

最寄りの駅は地下鉄箱崎線の呉服町駅ですが、博多駅と天神駅からもバスで行くことが可能です。

実際に、オープンキャンパスへ訪問して記事を書きました。
e-sportに特化した教室や体験授業などを中心とした内容になっています。

ゲスト参加された野良連合さんのセッションなどにもご注目!

まとめ

e-sportプロゲーマー専攻は新しい専攻であり、どのようになっているか、まだ多くの情報はありません。

しかし、ここでしかできない体験や学びはきっとあるはずです。

興味のある方は、資料請求をしたり、実際にオープンキャンパスに行って、自分の眼で見てみることをお勧めします!

トルク

PCゲームをたしなんでいます。昔は出来ていたコントローラーのゲームが操作に慣れなくて出来なくなってる・・・みなさんに読みやすい記事をお届けしたいです!

2018年5月28日e-sports, 福岡ゲーム情報専門学校