『FF14』蛮族特集:漢字と熟語がぎっしりのアマルジャ族編

アマルジャ族

 どーも、木人を使った計測を企画しているまふーです。
ヒーラーとレンジの装備で、アーマーリーチェストが一杯になりそう……。

 この特集では、FF14の蛮族を、クエスト中心に取り上げてみようと思います。

 パッチ4.25の時点で『新生編』が五つ、『蒼天編』が三つ、『紅蓮編』で二つの蛮族クエストが展開されています。
(蛮族クエストの開始方法については、マシューさんの記事をごらん下さい)

 今回取り上げるのは、『新生編』のアマルジャ族です。気になる報酬から見ていきましょう。

蛮族クエストの報酬

 日替わり(日本時間の24時更新)で配信される、蛮族クエストを一つクリアした際にもらえるものを短期報酬、相手の評価を上げることによって得られるものを長期報酬として分類し、チェックしていきますね。

短期報酬

 一つクエストをクリアするごとに得られる報酬は、以下の通り。

  • 経験値
  • ギル
  • ベンチャースクリップ
  • アラガントームストーン詩学
  • マテリガ(選択制)
  • 蛮族専用通貨
  • 蛮族友好度

 新生編の蛮族クエストは、三つのレベルに分かれています。
便宜的に、初級、中級、上級と分けた時の、細かな報酬の違いは以下の通りです。

【初級:レベル43】
経験値:8970
詩学:5

【中級:レベル46】
経験値:9693
詩学:7

【上級:レベル48】
経験値:10473
詩学:10
マテリガ(選択制)

 上級のレベル48は固定ですが、初級と中級の報酬受け取りレベルは、各蛮族でまちまちです。

 報酬受け取りレベルと書きましたが、新生編の蛮族クエストはレベルアジャストがなく、報酬受け取りレベルがあるのみです。
つまり、レベル70の強いジョブでさくっとクリアして、報酬受け取りレベルに達している弱いジョブに経験値を流しこむことが可能です。
また、経験値はレベルごとに固定されています。

 実は、新生編の蛮族クエストは、蒼天、紅蓮編と比べて難易度が高いです。その理由は、

  • 脱出用としてフライングマウントが使えない
  • 狭い通路内に敵が密集しているところが多い
  • そもそもクエスト自体の難易度が高い
  • クエスト対象がfateボスのものがあり、出現が運に左右される

 報酬受け取りレベルにギリギリ達したジョブや、てきとう装備でクエストを進行しようとすると、かなり苦戦すると思うので、レベルの高いジョブでクエストを進行し、欲しいジョブで経験値を受け取ることをオススメします。
なるべく負担の少ないクエストを紹介する予定ではありますが。

 アラガントームスートン詩学が、トークン報酬として用意されています。
報酬受け取りレベルでクエストに挑む場合は、苦戦必至なので割に合わないでしょう。
レベル70ジョブで無双するのであれば、まともな効率で集められるでしょう。

長期報酬

 蛮族クエストをこなし、友好度を上げていくと、買えるものが追加されていきます。

 蛮族経由でしか入手できないものがいくつかありますが、その代表格はやはりマウントでしょう。
個性あふれすぎて困るぐらいのマウントが、それぞれの蛮族で購入できます。

 ちなみに、アマルジャ族では、

アマルジャ族 マウント

 ドレイクが入手できます。
ちょこまかとした動き方がなにげにカワイイものの、フライングマウントではないので、出番が限られているのが悲しいです。

蛮族クエストは、かかる手間や難しさにバラつきがあるのが特徴です。

 一日に蛮族クエストが受注できる回数は限られているので、面倒なクエストを避け、楽なクエストを選ぶのが良いでしょう。
特に、新生編は友好度が上がると、初級、中級、上級あわせて九つのクエストが一日に受けられます。
全部受注すると、あっという間に一日の受注権が減ってしまうんですね。

 次に、実体験をふまえたお気軽クエストを紹介してみようと思います。

 三つのレベルに分けられる新生編の蛮族クエストについては、初級から二つ、中級から二つ、上級から二つずつの合わせて六つお手軽クエスト面倒クエストをチョイスしていこいうと思います。
(上級に関しては、敵陣につっこむタイプのものが多いですが、その中でも比較的楽なものを選んでいきます。)

ぜひとも受けたいお気軽クエスト六選

 お使いや戦闘の回数、難易度、移動距離、クエスト周辺の敵の強さなどをふまえた上で、楽なクエストを六つ選んでみました。

初級「吉凶を占うための蒐集」

【解説】
戦闘を三回こなし、アイテムを集めるだけのクエストです。
開けた場所で戦えるので、適正レベルでも進行しやすいです。
移動距離も短め。

初級「清澄なる薬液の蒐集」

【解説】
イベントアクションで、採取を四回行うだけです。
レベル70ジョブであれば、敵にからまれず快適に進めることができます。

中級「炎牙集雑兵の誅滅」

【解説】
戦闘を四回行います。
敵陣奥深くではなく、比較的戦いやすいところでの戦闘なので、これを選出しました。
もちろん、レベル70ジョブで行けばさくっと無双できます。

中級「燃え盛る聖火台の滅却」

【解説】
聖火台の破壊を二回行います。
適正レベルでいくと、周辺の敵にからまれるので難易度が上がります。
「聖火台の滅却」シリーズは、基本的に二回の戦闘で済む、軽めのクエストです。
クエストレベルが上がるにつれ、どんどん敵陣にくいこんでいきます。

上級「焔神イフリートの聖火台の滅却」

【解説】
前述した聖火台シリーズの、上級クエストバージョンです。
敵陣の奥までつっこむ必要がありますが、戦闘自体は二回で済ます。
とはいえ、適正レベルでの進行はあまりオススメしません。

上級「ザハラク武具蔵の爆砕」

【解説】
専用マウントに騎乗し、マウントアクションを二回行います。
これも、適正レベルでの進行は妨害が入るためオススメしません。
レベル70ジョブであれば、さらりと進行することができます。

 次は、なるべく避けたい面倒クエストについてです。

できれば避けたい面倒クエスト六選

 適正レベルでクリアしようとすると、敵にからまれまくる上に、戦闘以外にあれこれしなきゃいけない面倒クエストを紹介。
fateボスは、それ自体の経験値があるものの、出現が運に左右されるのでやっぱりしんどいかと。

 一回受注してからキャンセルすると、蛮族クエスト受注権が減ってしまうので、面倒なクエストは避けるが吉なのです。

初級「奪われし誇りの奪還」

【解説】
戦闘とイベントアクションを、計五回ほど行います。
レベル70ジョブでも、そこそこ手間のかかるクエストです。

初級「囚われしミコッテ族の解放」

【解説】
戦闘を三回行ったあと、イベントアクションを三回行います。
上記クエスト同様、戦闘+イベントアクションという形は、レベル70ジョブでもテンポよく進行できないので、面倒クエストの仲間入りになりやすいです。

中級「奪われしクリスタルの奪還」

【解説】
戦闘は一回で済むものの、とにかく移動やイベントアクションが多く、純粋に時間がかかります。
そこまで敵が密集したエリアではないので、適正レベルでも比較的進めやすいのが救いです。

中級「無知蒙昧なる輩の駆逐」

【解説】
専用マウントに搭乗し、散在するミコッテ族にマウントアクションを三回行います。
戦闘はないものの、とにかく移動距離が長いです
南ザナラーンの景色をのんびり楽しみたいのでなければ、避けた方が良いでしょう。

上級「軟弱なる新兵への屈辱」

【解説】
敵陣の奥深く突入し、戦闘とイベントアクションのセットを複数回行います。
適正レベルで行くと猛烈な勢いでからまれますし、レベル70ジョブで行っても戦闘後のイベントアクションがなにげに手間です。

上級「炎牙の首飾りの収奪」

【解説】
敵陣の中に発生する、fateボスが対象のクエストです。
レベル70ジョブでいっても、レベルシンクのため無双できません。
fateの発生自体運任せなので、その点もしんどいです。

 面倒クエストといっても、アマルジャ蛮族クエスト内での相対評価なので、一気に友好度を上げたいのなら、臆せず受注しましょう。
ただ、他にやることがあったり、蛮族クエスト受注権を節約したいのなら、避けるとスムーズでしょう。

金策できるかな?

 蛮族クエストで入手できる専用通貨を使って、金策が可能かどうかチェックしていきます。

アマルジャ族で入手できるもの

 専用通貨の中で、マーケットボードに出品可能、なおかつ価値がありそうなものをピックアップしていきます。

  • ブロンズ系のリベット、プレート
  • アイアン系のインゴット、リベット、プレート
  • スチール系のインゴット、リベット、プレート、リングス
  • ミスリル系のインゴット、リベット、リングス

 レベル低めではありますが、鍛冶甲冑で使う素材がどんとこ売ってます。
スチール系、ミスリル系はそこそこ価格が変動するので、ここで仕入れられると楽になります。

 また、ここらへんの素材は、フリーカンパニーで乗り物を作るときにも大量消費します。
いずれ手がける予定なら、蛮族専用通貨は使わずに貯めておくと良いかも知れません。

 次は、ネタとしての企画、「もしもエオルゼアの学生を、アマルジャ族のとこに無理矢理ホームステイさせたら」です。

レポートオブ無理矢理ホームステイ

 研究室の中で一番暑さに弱いぼくが、アマルジャ族が住まう灼熱の地へ留学することになってしまった。しかも相手は質実剛健で武士風の一党である。惰弱な文系であるぼくとマッチするはずがない。もう悪い予感しかしないのだ。

「きっと漢字が得意になるぞガッハッハ!」

 ガッハッハじゃねーよ! 何かあったら教授の顔写真で、ニセのモブハント手配書を作ってばらまいてやる! レベルの高い紅蓮エリアでな!

ホームステイ初日

 漢字多い、熟語多い、何より暑い。灰の一党の性格も熱い。自分の性格と身体にそぐわない環境で頭がどうにかなってしまいそうだ。湿った本のにおいに囲まれて、書き物をこなし文献を漁るのが性に合っているのだ。

 日中は木陰にいないとまともに動けない。直射日光をさけていても頭がぼうっとして思考能力が失われていく。意識朦朧、混濁意識、灼熱大地、元気灰党、嗚呼!

ホームステイ三日目

 漢字と熟語で一杯の会話が熱でやられた頭にきつい。ストップ漢字ライフを毎日邁進したい。だいたい、画数の多い漢字をどうやって覚えているのだろう? 口伝だけで正確に伝わるものだろうか? 桃だろうか? 桃太郎か? ええい、頭ワークが壊滅的だ。熱射がずいずい思考のすきまに挟まってくる。思考間挟撃戦の必要アイテムレベルは消しゴム一個。違う、頭を冷やそう。

 蛮神イフリートの力で漢字を? いや、灰の一党はイフリートに依存していないからその線はない。なんて考えながら涼しいところを求め転がっていたら漢字がほりこまれた碑文を発見する。なるほど、ちょくちょくこれを見て覚えるのか。努力家さんめ!

 もし、この碑文の内容を書き換えたらどうなるのだろうか? 魅惑の二遊間とか残念美人祭とかに書き換えたら彼らのマインドも変わるのだろうか? 理性が熱でとび、ぼくは一世一代のイタズラに手を染める……。

ホームステイ十日目(最終日)

 お別れの日だ。
「某も貴殿の活躍を願っている区歩」
 灰の一党が漢字学習に使っている碑文を書き換えることに成功し、区歩区歩(クポクポ)とニセモーグリみたいな口調にさせてやった。
 そうとは知らずにクポクポ連呼するいかついアマルジャ族たち。なんともシュールだ。

 語尾はアレになってしまったが、彼らの絆や熱さは変わらない。ぼくは彼らの文化を破壊してしまったのだろうか? 否! 彼らの気高い精神は変わらないままだ。多分きっと確実に。そもそも普段のぼくだったらあんなイタズラしていない。熱がっ、太陽がわるいんだ!

アマルジャ族

 がっちりと握手をかわし、彼らの陣営を去る。背中と漢字で語る彼らの精神性よ永遠に。

 あとでお怒りの手紙が研究室にきませんように……。

−ある学生のレポートより

まとめ

 蛮族クエストの報酬と、おすすめのクエスト、避けたいクエスト、蛮族専用通貨による金策の可能性、蛮族の特徴にまつわる読み物を紹介して参りました。

 蛮族クエストは必須ではないものの、FF14の世界観をより深く味わいつつ、専用のマウントや経験値を自分のペースで入手できるすぐれたコンテンツです。

 蛮族クエストで接するアマルジャ族は、とにかく難しい漢字ばかり使ってきます。
FF14自体も世界観を出すためか、難読漢字をけっこうなペースでぶっこんでくるので、ちょっとした漢字ドリル兼、脳トレに使えるかも知れませんね。

 蛮族クエストを効果的に使いたいプレイヤーの、お役に立てたのなら幸いです。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 – 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
まふー

コンシューマーで遊ぶことが多いゲーム界のオールドスクールです。キンドル本(主にショートショート)を松本祐一名義で書いています。文章のノリが合う人はそちらもよろしくです!