『FF14』蛮族特集:がらっと印象が変わるかも知れないサハギン族編

サハギン族

 どーも、がっちり寝ないと作業がはかどらないまふーです。
寝る間をおしんでFF14をやりたいところなんですが、にんともかんとも。

 この特集では、FF14の蛮族を、クエスト中心に取り上げてみようと思います。

 パッチ4.25の時点で『新生編』が五つ、『蒼天編』が三つ、『紅蓮編』で二つの蛮族クエストが展開されています。
(蛮族クエストの開始方法については、マシューさんの記事をごらん下さい)

 今回取り上げるのは、『新生編』のサハギン族です。気になる報酬から見ていきましょう。

蛮族クエストの報酬

 日替わり(日本時間の24時更新)で配信される、蛮族クエストを一つクリアした際にもらえるものを短期報酬、相手の評価を上げることによって得られるものを長期報酬として分類し、チェックしていきますね。

短期報酬

 一つクエストをクリアするごとに得られる報酬は、以下の通り。

  • 経験値
  • ギル
  • ベンチャースクリップ
  • アラガントームストーン詩学
  • マテリガ(選択制)
  • 蛮族専用通貨
  • 蛮族友好度

 新生編の蛮族クエストは、三つのレベルに分かれています。
便宜的に、初級、中級、上級と分けた時の、細かな報酬の違いは以下の通りです。

【初級:レベル44】

  • 経験値:9142
  • 詩学:5

【中級:レベル46】

  • 経験値:9693
  • 詩学:7

【上級:レベル48】

  • 経験値:10473
  • 詩学:10
  • マテリガ(選択制)

 上級のレベル48は固定ですが、初級と中級の報酬受け取りレベルは、各蛮族でまちまちです。

 報酬受け取りレベルと書きましたが、新生編の蛮族クエストはレベルアジャストがなく、報酬受け取りレベルがあるのみです。
つまり、レベル70の強いジョブでさくっとクリアして、報酬受け取りレベルに達している弱いジョブに経験値を流しこむことが可能です。
また、経験値はレベルごとに固定されています。

 実は、新生編の蛮族クエストは、蒼天、紅蓮編と比べて難易度が高いです。その理由は、

  • 脱出用としてフライングマウントが使えない
  • 狭い通路内に敵が密集しているところが多い
  • そもそもクエスト自体の難易度が高い
  • クエスト対象がfateボスのものがあり、出現が運に左右される

 報酬受け取りレベルにギリギリ達したジョブや、てきとう装備でクエストを進行しようとすると、かなり苦戦すると思うので、レベルの高いジョブでクエストを進行し、欲しいジョブで経験値を受け取ることをオススメします。
なるべく負担の少ないクエストを紹介する予定ではありますが。

 アラガントームスートン詩学が、トークン報酬として用意されています。
報酬受け取りレベルでクエストに挑む場合は、苦戦必至なので割に合わないでしょう。
レベル70ジョブで無双するのであれば、まともな効率で集められるでしょう。

長期報酬

 蛮族クエストをこなし、友好度を上げていくと、買えるものが追加されていきます。

 蛮族経由でしか入手できないものがいくつかありますが、その代表格はやはりマウントでしょう。
個性あふれすぎて困るぐらいのマウントが、それぞれの蛮族で購入できます。

 ちなみに、サハギン族では、

サハギン族 マウント

 エルブストが入手できます。
めっちゃ泳げそうですが、波間をかきわける勇姿を拝むことはできません。
フライングマウントではないので、出番が限られているのが悲しいです。

蛮族クエストは、かかる手間や難しさにバラつきがあるのが特徴です。

 一日に蛮族クエストが受注できる回数は限られているので、面倒なクエストを避け、楽なクエストを選ぶのが良いでしょう。
特に新生編は友好度が上がると、初級、中級、上級あわせて九つのクエストが一日に受けられます。
全部受注すると、あっという間に一日の受注権が減ってしまうんですね。

 次に、実体験をふまえた、お気軽クエストを紹介してみようと思います。

 三つのレベルに分けられる新生編の蛮族クエストについては、初級から二つ、中級から二つ、上級から二つずつの合わせて六つお手軽クエスト面倒クエストをチョイスしていこうと思います。
(上級に関しては、敵陣につっこむタイプのものが多いですが、その中でも比較的楽なものを選んでいきます。)

ぜひとも受けたいお気軽クエスト六選

 お使いや戦闘の回数、難易度、移動距離、クエスト周辺の敵の強さなどをふまえた上で、楽なクエストを六つ選んでみました。

初級「珊瑚の銛の暗躍」

【解説】
黒渦団陣地にまぎれこんだ、敵対サハギン族を探すちょっとしたかくれんぼ。
場所さえわかっていれば、速攻で終わります。
場所が味方陣地なので、からまれづらいのも良いです。

初級「防波堤の攻防」

【解説】
サハギン族と黒渦団の戦闘地帯で、ターゲットを倒すクエストです。
移動距離が短く、戦闘が二回で済みます。
それでも、適正レベルでいると複数の敵が絡んでくるので、注意が必要です。

中級「月影島の闘争」

【解説】
別エリアに移動し、戦闘を四回こなします。
移動先のエリアは、通路のような狭い所がないので、適正レベルでも戦いやすいです。

中級「歪んだ操舵」

【解説】
イベントアクション後の戦闘を、四セット行います。
通路は狭いものの、敵陣の入り口付近は厄介な敵が少ないので選出しました。

上級「雷霆の魔貝」

【解説】
戦闘を二回こなすだけの、シンプルなクエスト。
移動距離も短め。
ただし、ターゲットに攻撃をしかけた瞬間、ほかの敵に襲われる可能性は高いです。

上級「海戦の後に」

【解説】
船にエリア移動後、イベントアクションを四回行います。
無双できるレベル70ジョブで行けば、戦闘なしでクリアすることができます。
適正レベルでいった場合、激戦となるので、複数の敵が一気に来ないよう各個撃破を狙いましょう。

 次は、なるべく避けたい面倒クエストについてです。

できれば避けたい面倒クエスト六選

 適正レベルでクリアしようとすると、敵にからまれまくる上に、戦闘以外にあれこれしなきゃいけない面倒クエストを紹介。
fateボスは、それ自体の経験値があるものの、出現が運に左右されるので、やっぱりしんどいかと。

 一回受注してからキャンセルすると、蛮族クエスト受注権が減ってしまうので、面倒なクエストは避けるが吉なのです。

初級「魔鮫の戦頭」

【解説】
出現が運に左右される、fateボスタイプのクエストです。
敵がわんさかいる所での戦闘となるので、レベル70ジョブで行っても、レベルシンクしたらきっちり雑魚にからまれます。

初級「波濤を裂く爪」

【解説】
船にエリア移動後、複数の戦闘を行います。
レベル70ジョブで行けば無双できますが、適正レベルだと敵の密集度合いに手を焼きます。
うまく各個撃破を狙いたいところ。

中級「魔鯨の戦頭」

【解説】
戦頭シリーズは全てfateボスタイプ。
今度は、敵の本陣にお邪魔します。
レベルシンクがあるので、70ジョブで無双できないのがつらいです。

中級「海辺に棲まう獣」

【解説】
敵陣にのりこみ、戦闘を四回こなします。最後の戦闘は、特殊アイテムで弱体化をかけます。
適正レベルで行くと、道中で苦労します。
レベル70ジョブでやるとしても、移動距離が長めでイマイチなのです。

上級「刻印の戦頭」

【解説】
はい、また戦頭シリーズです。
今回もfate型の上に、最初はターゲットが出ておりません。
適正レベルで行くと、フィールドの敵にも絡まれてバタバタします。
レベル70ジョブで行う場合も、先にフィールドの敵を片付けてからレベルシンクした方がスムーズでしょう。

上級「産卵地からの救済」

【解説】
黒渦団メンバー救出のため、敵陣の奥地に単騎でつっこむ、メタルギ◯のスネー◯さんもびっくりのクエスト。
イベントアクションを五回、戦闘を三回こなします。
移動距離もあり、イベントアクション後の戦闘という流れもテンポが悪いので、レベル70ジョブで無双できてもイマイチだぞスネ◯ク。

 面倒クエストといっても、サハギン蛮族クエスト内での相対評価なので、一気に友好度を上げたいのなら、臆せず受注しましょう。
ただ、他にやることがあったり、蛮族クエスト受注権を節約したいのなら、避けるとスムーズでしょう。

金策できるかな?

 蛮族クエストで入手できる専用通貨を使って、金策が可能かどうかチェックしていきます。

サハギン族で入手できるもの

 専用通貨の中で、マーケットボードに出品可能、なおかつ価値がありそうなものをピックアップしていきます。

  • ブラックペッパー
  • ガーリック

 ほぼ食材しか置いてないです。
上記の二つもNPCが販売しているものなので、希少性はありません。
ただ、イシュガルド以降の料理にも使うので、息の長いニーズがあります。
どちらかというと、自分が調理師のとき役立つ感じです。大人しくベンチャースクリップにした方がいいかもです。

 次は、ネタとしての企画、「もしもエオルゼアの学生を、サハギン族のとこに無理矢理ホームステイさせたら」です。

レポートオブ無理矢理ホームステイ

 研究室の中で一番あらぶることがない(ことが多い)ぼくが、穏健派のサハギン族の元へホームステイさせられることになってしまった。

 しかも、今回は研究のためではなく、教授が忘年会で披露する『ブラザー船』という歌のPVを荒々しい海で撮ってこいというのだ。無茶苦茶である。
 さらに悪いことに、教授のポケットマネーから費用をまかなうので、いつもより格段に予算が少ない。
「サハギン族と一緒に漁をすれば食うものには困らんぞ。ガッハッハ!」
 ガッハッハじゃねーよ! 忘年会用にPV作るって、どんだけ余興に力いれてんだよ! その力を研究にまわそうよ!
 もし海難事故にあったら『ブレアウィッチプ◯ジェクト』みたいな悲惨かつ意味不明な映像をとって忘年会の楽しい雰囲気をぶちこわしにしてやる!

ホームステイ初日

 PVを撮るという目的で、サハギンの一派ノォヴがおさめる地域へとやってきた。
 目的が目的なので、ホームステイ先の面々がいい顔をしないのではと案じていたが、それは杞憂であった。
 指導者であるノォヴ氏は「我々の宣伝にもなるし、ブラザー船の歌詞にある兄弟愛、家族愛は、我々が大事にするものでもある」というような内容をフスィーまじりに語ってくれた。なかなか血の通ったキャラクターだ。

 ノォヴ一派の若手と共に、銛を使った漁の練習を始める。自給自足いけるかな?

ホームステイ三日目

 近くではリムサロミンサの黒渦団と、好戦的なサハギン族が毎日のように小競り合いをしている。穏健なノォヴ一派は、ひっそりと黒渦団のサポートをしつつ、子弟の育成に余念がない。最初は教授が忘年会で歌う『ブラザー船』のためにカメラを回していたが、いまは結束力の高いノォヴ一派の姿をひたすら追っている。

 彼らの家族愛はほんとうに細やかで、少し前まで「だって魚類だし」と言ってた自分が恥ずかしい。

 簡単な魚料理の毎日に閉口したぼくが、自作したグリルによるメニューを考案しだすと、ノォヴたちが次々と食料をもってきてくれた。持っている知識を総動員して見た目にも凝った料理をしていると、彼らが喜んでくれるのがわかる。表情はわかりづらいけど、仕草や声の調子で喜びが伝わってくるのだ。

 魚以外の食料も入手できるので、パエリア風の何か、ペスカトーレ風の何かを作り、さらに改造をする。
 漁に出ている時間より、調理のコツを撮影する時間が長くなってくる。一般的なサハギン族に、荒々しさは間に合っているのだ、やみつきになる料理でノォヴ一派に釣った方がいいかもしれないと提案される。よし! レシピを残すためにガンガンカメラを回すぞ!

ホームステイ十日目(最終日)

 黒渦団からゆずり受けた古い荷車を改造し、屋台を作る。何種類かのオリジナル料理をつんだ屋台をひいて敵陣をうろうろ。においに釣られてやってきたサハギン族に料理をふるまうと、彼らの鼻息(?)が荒くなる。

サハギン族

「ノォヴたちは、こんな凝ったものを毎日食ってるのか!」と、戦いと漁しか楽しみがなかった、一般のサハギン族に、手間暇かけた食事をとる楽しみが芽生える。いつか、この活動が実を結び、穏健派のノォヴに加わるサハギン族が増えないかな?

「食の改良師」との称号をノォヴから贈られたぼくは、今日この地をあとにする。レシピを残しておいたし、調理者を育てておいたので以降も安泰だろう。

『ブラザー船』のことはすっかり忘れていた。教授は渋い顔をするかも知れないが、てきとうに寿司でも握ってごまかすつもりだ。

−ある学生のレポートより

まとめ

 蛮族クエストの報酬と、おすすめのクエスト、避けたいクエスト、蛮族専用通貨による金策の可能性、蛮族の特徴にまつわる読み物を紹介して参りました。

 蛮族クエストは必須ではないものの、FF14の世界観をより深く味わいつつ、専用のマウントや経験値を自分のペースで入手できるすぐれたコンテンツです。

 蛮族クエストで接するサハギン族は、いかつい外見とは裏腹に、熱い心をもっております。
蛮族の背景となるストーリーもかなりシリアス寄りです。かなりサハギン族への印象が変わるのではないでしょうか?

 蛮族クエストを効果的に使いたいプレイヤーの、お役に立てたのなら幸いです。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 – 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
まふー

コンシューマーで遊ぶことが多いゲーム界のオールドスクールです。キンドル本(主にショートショート)を松本祐一名義で書いています。文章のノリが合う人はそちらもよろしくです!