『FF14』蛮族特集:「リア充爆発しろ!」を体現するコボルト族編

コボルト族

 どーも、すきま時間に木人を殴りまくっているまふーです。
軽度の木人依存症になっているかもわからんね……。

 この特集では、FF14の蛮族を、クエスト中心に取り上げてみようと思います。

 パッチ4.25の時点で『新生編』が五つ、『蒼天編』が三つ、『紅蓮編』で二つの蛮族クエストが展開されています。
(蛮族クエストの開始方法については、マシューさんの記事をごらん下さい。)

 今回取り上げるのは、『新生編』のコボルト族です。気になる報酬から見ていきましょう。

蛮族クエストの報酬

 日替わり(日本時間の24時更新)で配信される、蛮族クエストを一つクリアした際にもらえるものを短期報酬、相手の評価を上げることによって得られるものを長期報酬として分類し、チェックしていきますね。

短期報酬

 一つクエストをクリアするごとに得られる報酬は、以下の通り。

  • 経験値
  • ギル
  • アラガントームストーン詩学
  • マテリガ(選択制)
  • 蛮族専用通貨
  • 蛮族友好度

 新生編の蛮族クエストは、三つのレベルに分かれています。
便宜的に、初級、中級、上級と分けた時の、細かな報酬の違いは以下の通りです。

【初級:レベル41】

  • 経験値:8625
  • 詩学:5

【中級:レベル44】

  • 経験値:9142
  • 詩学:7

【上級:レベル48】

  • 経験値:10473
  • 詩学:10
  • マテリガ(選択制)

 上級のレベル48は固定ですが、初級と中級の報酬受け取りレベルは、各蛮族でまちまちです。

 報酬受け取りレベルと書きましたが、新生編の蛮族クエストはレベルアジャストがなく、報酬受け取りレベルがあるのみです。

つまり、レベル70の強いジョブでさくっとクリアして、報酬受け取りレベルに達している弱いジョブに経験値を流しこむことが可能です。
また、経験値はレベルごとに固定されています。

 実は、新生編の蛮族クエストは、蒼天、紅蓮編と比べて難易度が高いです。その理由は、

  • 脱出用としてフライングマウントが使えない
  • 狭い通路内に敵が密集しているところが多い
  • そもそもクエスト自体の難易度が高い
  • クエスト対象がfateボスのものがあり、出現が運に左右される

 報酬受け取りレベルにギリギリ達したジョブや、てきとう装備でクエストを進行しようとすると、かなり苦戦すると思うので、レベルの高いジョブでクエストを進行し、欲しいジョブで経験値を受け取ることをオススメします。
なるべく負担の少ないクエストを紹介する予定ではありますが。

 アラガントームスートン詩学が、トークン報酬として用意されています。
報酬受け取りレベルでクエストに挑む場合は、苦戦必至なので割に合わないでしょう。
レベル70ジョブで無双するのであれば、まともな効率で集められるでしょう。

長期報酬

 蛮族クエストをこなし、友好度を上げていくと、買えるものが追加されていきます。

 蛮族経由でしか入手できないものがいくつかありますが、その代表格はやはりマウントでしょう。
個性あふれすぎて困るぐらいのマウントが、それぞれの蛮族で購入できます。

 ちなみに、コボルト族では、

コボルト マウント

 ボムバルーンが入手できます。
FFシリーズに散見される、働き者のボムがチームワークを見せつけてくれます。
チームワークの甲斐もあって(?)、新生編で入手できるものでありながら、フライングマウントだったりします。

蛮族クエストは、かかる手間や難しさにバラつきがあるのが特徴です。

 一日に蛮族クエストが受注できる回数は限られているので、面倒なクエストを避け、楽なクエストを選ぶのが良いでしょう。
特に新生編は友好度が上がると、初級、中級、上級あわせて、九つのクエストが一日に受けられます。
全部受注すると、あっという間に一日の受注権が減ってしまうんですね。

 次に、実体験をふまえた、お気軽クエストを紹介してみようと思います。

 三つのレベルに分けられる新生編の蛮族クエストについては、初級から二つ、中級から二つ、上級から二つずつの合わせて六つお手軽クエスト面倒クエストをチョイスしていこうと思います。
(上級に関しては、敵陣につっこむタイプのものが多いですが、その中でも比較的楽なものを選んでいきます。)

ぜひとも受けたいお気軽クエスト六選

 お使いや戦闘の回数、難易度、移動距離、クエスト周辺の敵の強さなどをふまえた上で、楽なクエストを六つ選んでみました。

初級「働かざる者、だが食うべし」

【解説】
歴戦のヒカセンを弁当泥棒に使うという、コボルトらしさ全開のクエスト
イベントアクション(弁当泥棒)を三回おこなうだけ。
ルートに気をつければ、敵にからまれるレベルでもすんなりクリアできます。

初級「腹が減っても仕事はしない」

【解説】
これもイベントアクションを三回行ったあと、近場にお使いをするだけのクエスト。
クエスト名からこぼれる、ダメコボルトっぷりも秀逸

中級「ヒトの威を借るコボルト」

【解説】
別エリアに移動し、多めの戦闘をこなします。
敵陣につっこむよりは、別エリアに移動するのが楽だったりします。
コボルトの敵陣は洞窟タイプなので、通路が狭く、敵にからまれるレベルだとコボルトたちがワラワラ寄ってきます。
移動距離もやや少なめ。

中級「その場しのぎのかんしゃく玉」

【解説】
イベントアイテム使用→戦闘を数回行います。
敵陣の奥深くつっこむわけでもなく、出現する敵も大したことがありません。
適正レベルでも比較的こなしやすいです。

上級「培養炉にサヨナラ」

【解説】
戦闘を四回こなすだけなので、上級にしてはシンプル
目的地へたどり着くまでの道のりの方が険しいかも。
レベル70のジョブで行えば、絡まれないので快適です。

上級「みんなのものはワガハイのもの」

【解説】
これも、ひたすら戦闘をするタイプです。
自分の記録によれば、五戦あります。
戦闘なしで行える上級クエストがないので、シンプルな分こちらの方が楽なんですね。

 次は、なるべく避けたい面倒クエストについてです。

できれば避けたい面倒クエスト六選

 適正レベルでクリアしようとすると、敵にからまれまくる上に、戦闘以外にあれこれしなきゃいけない面倒クエストを紹介。
fateボスは、それ自体の経験値があるものの、出現が運に左右されるので、やっぱりしんどいかと。

 一回受注してからキャンセルすると、蛮族クエスト受注権が減ってしまうので、面倒なクエストは避けるが吉なのです。

初級「都合が悪けりゃふきとばせ」

【解説】
敵にからまれると、ほぼやりなおし確定の運搬が含まれるクエスト。その上に戦闘もあります。
レベル70ジョブでやるとしても、運搬の面倒くささがあるので面倒クエストに選出。

初級「ボムまっしぐら」

【解説】
イベントアイテム使用後の戦闘が、4~5回あります。
たとえレベル70ジョブでサクサク敵を倒せたとしても、この回数は面倒ですね。

中級「新錬金釜の熱暴走」

【解説】
エリア移動後、イベントアクションと戦闘のセットを五回行います。
移動距離と手間の両面で、いまいちのクエストです。

中級「煩わせ! 第59洞穴団」

【解説】
fateボスを倒すタイプのクエストです。
比較的近場に出現するものの、いるかどうかは運頼み
敵がそこそこいるところでの戦闘となるので、レベルシンク後にからまれるのも厄介な要素です。

上級「爆襲の底辺者」

【解説】
二回の運搬に四回の戦闘という組み合わせです。
適正レベルでいくと、狭い通路での運搬に苦労します。
レベル70ジョブでいっても移動距離が長いので、やっぱり面倒です。

上級「潰せ! 第59洞穴団」

【解説】
「リア充爆発しろ!」路線といえる、エリートの足をひっぱるクエスト。
ターゲットは奥まったところにいるfateボス。
出現確率は高いですが、レベル70ジョブでいっても、レベルシンクの関係でさくっとこなせないのが辛い!

 面倒クエストといっても、コボルト蛮族クエスト内での相対評価なので、一気に友好度を上げたいのなら、臆せず受注しましょう。
ただ、他にやることがあったり、蛮族クエスト受注権を節約したいのなら、避けるとスムーズでしょう。

金策できるかな?

 蛮族クエストで入手できる専用通貨を使って、金策が可能かどうかチェックしていきます。

コボルト族で入手できるもの

 専用通貨の中で、マーケットボードに出品可能、なおかつ価値がありそうなものをピックアップしていきます。

  • コーラルバタフライ
  • 硫酸
  • フライトラップの葉
  • ボムの灰

 錬金などに素材が含まれています。
新生エリアのアイテムは、集める人がいないので意外とお値段がはります。マーケットボードでチェックしてから交換しましょう。

 次は、ネタとしての企画「もしもエオルゼアの学生を、コボルト族のとこに無理矢理ホームステイさせたら」です。

レポートオブ無理矢理ホームステイ

 研究室の中で一番火薬とは縁遠いぼくがコボルト族への留学生に選ばれてしまった。教授はついでに『蛮族内における遊民の発生と、その実態』について研究してこいと言う。
「お前も社会の役に立たない研究ばかりしている、実際は遊民や無職みたいなもんから、気が合うんじゃないか? ガッハッハ!」
 ガッハッハじゃねーよ! 確かにぼくがいま行っている『IDにおけるDPSのミラプリカラーリングと、先釣り率の関連性について』は地味すぎる研究かも知れないけど、一部のタンクにはニーズがある……はず。いや、自信もてなくなってきた。

ホームステイ初日


 ダメな方向へ一所懸命というか、コボルト族のエリート集団を妨害する行為へのこだわりがすさまじい。実際に火薬を扱うこともあって、まさに「リア充爆発しろ!」の精神を体現している。

 ドラマの中では、こういう落ちこぼれ集団が、ミラクルを起こすのだが、いまのところその兆候はない。
 ちっちゃいボムがかわいい。

ホームステイ三日目


 火薬のにおいをかぎながら研究を進めている。
 彼らのダメな方向へのがんばりが、コボルト族と敵対するリムサロミンサへの間接的な支援になっているのが面白い。
 今日も歴戦の冒険者が、ホームステイ先の依頼を受け、エリート集団の弁当を盗んでいく。

 食べ物の恨みは恐ろしいと聞く。エリートコボルトの恨みをかった冒険者が、変な戦いに巻きこまれないか心配である。

 ホームステイ先のダメグループであるが、その中でも働く者と働かない者が分かれている。ここにとどまっていても、あまり研究が進まない気がするので、比較対象としてウ・ガマロ武装鉱山にるエリートコボルトへの取材も敢行することに。取材協力費として、冒険者が盗んできた弁当を、さらにぼくがちょろまかして渡す。別の容器に詰め替えているので、露見する恐れはない……はず。

ホームステイ十日目(最終日)


 エリート部隊の取材を進めているうち、彼らが気の毒になる。
 彼らは能力が高く、かつ真面目であるがゆえに、一日中洞穴の奥で培養炉と向き合っている。

 洞穴のコボルト族の楽しみであるコボルトTV(冒険者がタイタンに岩に閉じこめられた瞬間に最高視聴率を記録)も培養炉前から動けない彼らには縁がなく、他のコボルトたちが盛り上がっているのを聞くのみである。
 一日二十四時間レベルで培養炉にはりついているエリート部隊と比べたら、不真面目な落ちこぼれ軍団であるホームステイ先のみんなは何と生き生きしていることか!
 一所懸命学問に励んだ結果が、穴ぐらの中で娯楽もなしに働かされつづけるというのなら、何という残酷物語であろうか。

「家畜に神はいない!」なんてセリフがあるけど、コボルト族の蛮神タイタンですら、彼らの労働条件は改善できないのであろうか。

 今回はホームステイ先ではなく。敵対しているエリート集団に同情する結果になってしまった。
 ホームステイ先では、ぼくの帰る期日を把握している者は誰もおらず、見おくりはもちろん、あいさつもなかった。

 気になるエリート集団をのぞいてみると、いつも通り一心不乱に仕事をしていた。こちらの存在に気づくと、一瞬席をはずして、別れのあいさつを告げにきてくれた。

 その義理堅さゆえ仕事熱心な彼らの部屋をあとにする。冒険者が盗んできた弁当をさらにくすねたものを。差し入れとして部屋の隅に置いてきた。

コボルト族

 帰途につきながら、もっと不真面目にやっていこうと心に決めた。

−ある学生のレポートより

まとめ

 蛮族クエストの報酬と、おすすめのクエスト、避けたいクエスト、蛮族専用通貨による金策の可能性、蛮族の特徴にまつわる読み物を紹介して参りました。

 蛮族クエストは必須ではないものの、FF14の世界観をより深く味わいつつ、専用のマウントや経験値を自分のペースで入手できる、すぐれたコンテンツです。

 蛮族クエストで接するコボルト族は、「リア充爆発しろ!」を体現するダメダメ集団です。
蛮族クエストもゆる〜いタイトルのものが多く、ジャンクフードみたいな中毒性をもっています。
ちなみに、コボルトTVは筆者の頭の中にしか存在しないので検索しないように!

 蛮族クエストを効果的に使いたいプレイヤーの、お役に立てたのなら幸いです。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 – 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
まふー

コンシューマーで遊ぶことが多いゲーム界のオールドスクールです。キンドル本(主にショートショート)を松本祐一名義で書いています。文章のノリが合う人はそちらもよろしくです!

2018年5月29日FF14コボルト族, 蛮族特集