『PUBG 』Corp.社がスマホアプリ『荒野行動』に激怒した理由

2018年4月18日PUBG

荒野行動

こんにちは

フォートナイトRadical Heightsなどのバトルロワイヤル系ゲーム

現在のゲーム界のエースを担っており

北米ではPUBGのスマホ版もリリースされて熱が入りっぱなしの中・・・。

荒野行動、遂に訴えられました。

いや、まぁいつか訴えられるとは思ってましたけどね。(容疑者の友人並の感想)

なお訴訟の事実関係については下記の内容になっています。

そこで、こちらの報道に関して事実関係を確認するため、ファミ通AppがPUBG Corp.に問い合わせをしたところ、「提訴したことは事実である」という確認が得られた。

また訴訟内容は、NetEaseの両タイトルは『PUBG』の著作権を侵害するものであり、これを根拠に配信差し止めと損害賠償請求を行うものであるという。

事実だという事が判明。

今回の記事では

  • PUBGと荒野行動、その他H1Z1などの関係性
  • PUBG Corp.が激怒した理由

これらについてお話したいと思います。

パクリ?元祖?PUBGよりも前に発売されているH1Z1の存在

荒野行動が訴訟された直後のコメントで特に多かったのが

「PUBGもH1Z1のパクりなんでしょ?」というもの。

荒野行動を擁護しての発言なのかどうかは定かではありませんが

確かにPUBGがリリースされるよりも前に、H1Z1というバトルロワイヤルのゲームが存在していました。雰囲気もどこかPUBGに似ています。

果たしてパクリなのか。

それについては、バトルロワイヤルゲームの歴史についての内容をまとめたツイートを発見したのでこちらを見てみましょう。

要するにH1Z1とPUBGはどちらも同じ人が作ったゲームなので、パクリとは言えませんね。

ですが、NetEaseの荒野行動というゲームはH1Z1やPUBGの制作の主である

PlayerUnknown氏とは、なんら関係を持っていません。

それなのに、あそこまでPUBGに似せてくるって結構な度胸ですよね。

こちらのツイートを見ていただければさらに理解が出来ると思います。

155ページにも及ぶ訴訟内容

アメリカのTorrent Freakに掲載された訴状内容は、なんと155ページもの大ボリューム。

そこには、荒野行動とRules of Survival(こちらもNetEasが開発したPUBGそっくりアプリ)が、PUBGに類似しており著作権の侵害に当たっているという箇所を丁寧に記しています。

(ゲーム内容ほぼ全部理解出来るんじゃねーかコレってくらい多いです。)

そのたくさんの類似点の中からいくつか挙げると

  • ゲーム開始前のロビー
  • 飛行機からの投下
  • パラシュートでの着陸
  • 武器、アタッチメント、車両、建物などの類似
  • 支援物資のシステム
  • パルス、レッドゾーンの存在
  • chicken dinner(ドン勝)という言葉の使用
  • フライパンの存在

こんな感じです。
まだまだありますけど、このくらいにしておきましょう。

PUBGと似てると言われた

フォートナイトもパラシュートでの着陸や

パルス(嵐)の存在などもあり、類似性はいくつか見受けられますが

  • 建築システムの導入
  • グラフィックがカートゥーン調
  • 車両が存在しない
  • 破壊可能な環境
  • PUBGには存在しないユニークなアイテム

このように独自のアイデアがふんだんに盛り込まれています。

実際にプレイしてみると全く別ゲーであることを感じることが出来ます。

ですが・・・

荒野行動を1度でもプレイした人ならわかると思いますが、既視感が3秒に1回の頻度で起こります。

「自分は、実はPUBGをプレイしているのではないか」と錯覚してしまうくらい起こります。

プレイヤーにも感じさせるほど沢山の類似性。

独自のゲームシステムよりも、こりゃどうしようもねぇな!と筆者的には思います。

荒野行動は配信停止してしまうのか

ここまで多くの類似性を挙げており本気度が伝わっている訴訟内容ですが、どの様な結末を迎えるのかは現在は不明。

ですが1つ言えることは、すぐさま荒野行動が配信停止になることにはないという事です。

筆者の個人的な意見ですが、著作権問題は大変複雑で裁判が行われても、実際に判決が下されるのにはかなり時間がかかるので、世間で訴訟の話がされなくなってから判決が出ると思います。

完全に懲りてません

NetEaseの新作バトルロワイヤル「フォートクラフトがただいまベータテストを開催しています。

フォートナイト

完全にフォートナイトですありがとうございます。

こちらはまだEpic Games社に訴えられてはいません。

フォートナイトの記事はこちらから。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ライト層にPUBGの魅力が伝わって良き良きと思っていましたが、訴えられてしまう始末。

日本ではモバイル版PUBGがまだリリースされていないので、荒野行動プレイヤーは配信停止になったらどうしようと心配で仕方がないかもしれませんが、スマホ版がリリースされれば配信停止になったとしてもそちらに移れば良いと思います。

個人的には、とっとと配信停止になってスマホ版PUBGにどんどん移行してもらいたいです。

Copyright ©DMM GAMES.©
PUBG Corporation. All rights reserved.
団体

FPS歴7年目!シューティングゲームに育てられ、現在は様々なジャンルのゲームをプレイ中です。面白くわかりやすくをモットーに記事を書いていきます!

げーほり編集部がオススメする面白いスマホゲームアプリをご紹介!

げーほり編集部のメンバーが、数多くのスマホアプリを遊んだ中から、特に面白かった5つのスマホアプリを厳選してみました!

荒野行動

Posted by 団体