【FF14】パッチ4.3に導入された新式REの強さを徹底調査

新式RE 比較

 どーもタイムラインを覚えるのが苦手なまふーです。慣れたら自然と覚えるようになるんだろうか……。

 今回はパッチ4.3で導入されたアイテムレベル360の新式REについて書いていこうと思います。

そもそも新式REって何?

 パッチ4.3の時点で新式と呼ばれていたアイテムレベル350の装備を、所定のアイテムを用意することによって、アイテムレベル360のRE装備に交換できるんですね。

 基礎的な能力はREにすることによって向上しますが、新式で行えた禁断のマテリア装着がREでは不可能となっており、装備によっては『全ての面においてREが上回っている』状況ではなくなっております

 サブステータスの面からパッチ4.3xの最終装備に食いこむ可能性がある新式REは、大量のギルが必要という側面もあり、頭を悩ませる存在です。

 まずは実際の入手方法を見ていきましょう。

新式REを入手するためには

新式RE 比較

 新式REの入手はラールガーズリーチの専用NPCによって行います。

【場所】ラールガーズリーチ(X:9.7 Y:11.5)
【NPC名】ジャ・タンダー

 新式をREに強化するためにはいったん新式を手形に交換し、その手形とサベネアの強霊薬を使いREに交換する形となります。新式→手形および手形→新式REへの交換は上記NPCが行ってくれます。

 また、サベネアの強霊薬はラールガーズリーチ内で真理トークンを利用して入手します。
真理装備や虚構装備で世話になるあの人が担当してくれます。

【場所】ラールガーズリーチ(X:13.8 Y:11.6)
【NPC名】エンナ

 サベネアの強霊薬の交換レートは強霊薬1=万物トークン100です。万物トークンは週制限もありませんし、集めやすいと思います。

新式→手形への交換レート

新式RE 比較

 新式NQから手形への交換レートは以下の通りです。

【武器】9(片手剣は5、盾は4)
【頭】5(タンク系のみ6)
【胴】8(タンク系ストライカー系は9)
【手】5
【帯】2
【脚】8
【足】5
【アクセ】2

 一部変則的な箇所がありますが、基本的には武器=9、からだ上下=8、その他=5、帯とアクセ=2という形です。

 そして、なんとHQ品ではNQ品の三倍の手形を入手することができます! その代わり手形からHQ品のREに交換する際も、NQ品の三倍手形がかかります
 世の中甘くないですね……。

手形→新式REへの交換レート

 入手した手形から新式RENQ品への交換レートは以下の通りです。

【武器】手形9+強霊薬5(片手剣は手形5、盾は手形4)
【頭】手形5+強霊薬3(タンク系のみ手形6)
【胴】手形8+強霊薬5(タンク系ストライカー系は手形9)
【手】手形5+強霊薬3
【帯】手形2+強霊薬2
【脚】手形8+強霊薬5
【足】手形5+強霊薬3
【アクセ】手形2+強霊薬2

 新式REのHQ品への交換は、NQ品の三倍手形を使います。(必要な強霊薬は増えません)

 一回手形を経由することを利用して、新式胴装備HQ品で24個の手形を入手し、それでHQやNQのREを複数個手に入れることも可能です

 たとえば新式装備をもっていたけど、虚構トークンやシグマ零式などでもっといい装備が入り使わなくなった場合、手形を経由して他ジョブの新式REを手に入れる方が、新式装備をマテリア化するよりよっぽど賢いリサイクルと言えるのではないでしょうか?

 次にFF14の大先輩であるクロロンさんからアドバイスをいただいた、新式REと新式5禁の比較をしてみます。(5禁は禁断のマテリア装着を用い、5つマテリアを装着している状態を指します)

 アイテムレベルも上がってるし、新式REの方が強いだろうとふんわり思っていたら、衝撃の事実が……。自分がレベル70に達している遠隔物理DPSとヒーラーの装備で新式REと新式5禁を比較してみます。

 比較には、みんな大好き俺tools様の装備シミュレータを使わせていただきました。またHQ品での比較となります。

俺tools様の装備シミュレータ

 先ずはレンジと呼ばれる遠隔物理DPS装備の比較です。

レンジ装備の新式REと新式5禁の比較(機工士)

新式RE 比較

 比較には俺tools様内の基準値を用いました。DPSの場合、基準値はほぼ与えるダメージ量に比例するようです。SSによって極端にDPSが上がるジョブでなければ、ダイレクトヒットやクリティカル、意思力によって基準値が上昇します。もちろん基本的な装備の性能も加味されます。

 機工士の場合ダイレクトヒットとクリティカル、意思力で基準値が増え、SSはほぼ無関係のようです。

俺tools様基準値による新式REと新式5禁の差

 まずは新式5禁から新式REに変更した場合における基準値の変化を並べてみます。

武器 +65
+3
+6
+2
-3
+6
0
-1
-1
-3
-5

 思ったより基準値が増えていないものがある上に、むしろ下がっている装備があります
RE変更でマイナスになっているものを見て、勘の鋭い方はもうあることに気づいているのではないでしょうか?

基準値が下がる装備

 基準値が下がっている装備は、帯、アクセなど全てマテリアが一個しか装着できないものです。新式REは禁断できませんので、帯、アクセに関してはマテリア装着数は、

・新式RE=1個
・新式5禁=5個

 と四つの差が出ます。この差が基準値が下がる理由の一つとなっています。他にも基準値が下がったり伸びない理由がありますので、次はそれに触れていきます。

基準値が下がる、伸びない理由

 俺tools様のDPS基準値は、与えるダメージ量に関わるサブステータスと密接な関係があることは述べました。

 新式のもつサブステータスが、基準値の上がらないSSや上がりにくい意思力であった場合、マテリアで基準値の上がりやすい(=与ダメージが上がりやすい)ダイレクトヒットやクリティカルを盛る形となります。
 この時、新式REは禁断できないため天眼もしくは武略のハイマテリジャ一つ装着の+40となりますが、禁断のマテリア装着ができる新式ではこの限りではありません

 ただ、基準値の差や禁断マテリア装着をマックスまで行うための予算や、そして新式RE<新式5禁となる装備がサブステータスにおいてイマイチな事実をふまえると、新式REより基準値の高い新式5禁を作る場合は、入念な下調べが必要だと思います。(湯水のようにギルが使えるなら話は別)

 次にヒーラーの新式とREの基準値を比較します。結論からいうと、一筋縄ではいかない結果となりました。

ヒーラー装備の新式REと新式5禁の差(白魔道士)

新式RE 比較

 比較にはDPS同様、俺tools様の基準値を用いました。信仰とクリティカル、意思力で基準値が上がりやすく、SSではほとんど上がらない仕様が白魔道士では見られます。

 まずは新式5禁から新式REに変更した場合における基準値の変化を並べてみます。

武器 -25
-51
+13
-51
0
-44
+12
-64
-65
-1

 心配になるほどがっつり基準値が下がっている箇所がありますね。

基準値が下がる、伸びない理由

 今回はDPS編と違い、マテリア装着が二つできる部位でも下がっている箇所がちらほら見られます。

 これは白魔道士の基準値が上がりやすいクリティカルや信仰が入っていない新式装備を5禁すると、がっつり基準値が伸びるからです。特に白魔道士はSSでほとんど基準値が上がらないため、SSがサブステの中心となっている装備はマテリアによって大きく基準値が上昇ます。

 その差が新式REより新式5禁の方が基準値が大幅に高くなる結果として現れています。また、ヒーラーの場合は、 基準値には影響の出ない、活力系マテリアをアクセサリーに装着する可能性があるため、そういった際も禁断のマテリア装着ができる新式の方が、新式REより柔軟性や実戦能力に富むと言えるでしょう。

なるべく新式RE入手の負担を減らしたい場合は?

 新式と新式REの性能差を吟味し、やはりREにしたいプレイヤーにちょっとした情報があります。

 いったん新式を手形にしてからREに再交換する手順があるため、自分が実際に欲しいジョブの装備や部位を新式で入手する必要がないことは軽く触れました。

 同じ新式といっても、サブステータスによる人気の差があります。パッチ4.3xの最終装備に食いこみそうなものは人気ですし、DPSであればダイレクトヒットやクリティカルのないもの、ヒーラーであれば信仰やクリティカルがないものは不人気です。

 そして市場原理から、人気のものは高く、不人気のものは安いです。もうお分かりでしょうか? 必要な手形の枚数をふまえながら、不人気の新式を購入すればギルの負担は減るという事実に。

 例えばレンジの例でいいますと、ダイレクトヒットやクリティカル両方がサブステータスに入っている頭、耳、首装備は人気のため値段はかなり高めです。

 この人気装備を買うのではなく、他ジョブ他部位の不人気装備を、必要な手形の数を計算しつつ購入するわけです。

不人気装備のヒント

 DPSにせよ、ヒーラーにせよ、SS+意思力という組み合わせが不人気になりがちです。そしてSS+意思力という組み合わせは基準値も低くなりがちなので、俺tools様を使えば、不人気になりそうなアイテムレベル350の新式装備をあぶり出しやすいです。

まとめ

 新式RE入手に必要なものや交換できる場所の紹介、そして新式REと新式5禁の装備を、俺tools様基準値で比較し、負担の少ない入手方法についても触れて参りました。

 パッチ4.3突入時に極蛮神戦必要アイテムレベルが足らず、新式REのお世話になったのが遠い昔のようです。

 新式装備を効果的に使いたいプレイヤーのお役に立てたのなら幸いです。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 – 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
まふー

コンシューマーで遊ぶことが多いゲーム界のオールドスクールです。キンドル本(主にショートショート)を松本祐一名義で書いています。文章のノリが合う人はそちらもよろしくです!