東京のゲーム会社で企画・運営担当だった私のある日のスケジュール

ゲーム企画運営

東京のゲーム会社で5年ほど働いていたかぴばらくだです。

私は在職中、運営、プランナー、ディレクター、プロデューサーと担当業種が変わったのですが、「運営」兼「プランナー」として仕事をしていた時のある日のスケジュールをご紹介します。

運営、プランナーとは?

運営、プランナーとは?

それぞれの会社やタイトルによって、「運営」や「プランナー」といっても作業範囲はそれぞれに異なります。そのため、「私が勤めていた会社の中で担当していたタイトル」の例となります。

恐らく一般的には、プランナー(以下、企画)はゲームに関するイベント案や仕様案を出す担当。運営は、現在運用中のタイトルの状況を見て分析をしたり、また平常運行されているかをチェックする担当かと思います。

私が担当していたタイトルは、すでにサービス開始から年数が経ち、安定運用の域に達していたため、運営と企画がはっきりとすみわけはされていませんでした。

そのため、新機能案やイベント案を出しつつ、毎週のアップデートにまつわる作業も行う、という方式で進めていました。

企画・運営だった私のある日のスケジュール

ある日のスケジュール

担当していたタイトルは、毎週木曜日が定期メンテナンスの日。となると、必然的に木曜日が毎週のヤマでした。

ある金曜日

ある金曜日

前日のメンテナンスが無事に終了していれば、ある程度はほっとできるのが金曜日。しかも1日頑張れば明日は週末!というウキウキできる日です。

10:00 出社

不具合が起きなかったメンテナンス後は何となく心も晴れやか。出社の足取りも軽くなります。

10:00~11:00 ゲームの現状をチェック

昨日のメンテナンス後~今朝に至るまで、大きな不具合はなかった模様。(大きな問題があれば、夜中でもユーザサポート担当から連絡がきます

まずは昨日のメンテナンス後からのユーザ数や売上を確認して、今週のメンテナンスのまとめを簡単に作成します。

また、ユーザーサポートから回ってくる問い合わせにも対応します。大きな問題はなくとも、個人レベルの不具合やゲーム内の誤字脱字などが届いていることがあるためです。逆に、問い合わせが何もないとちょっと不安になります……

11:00~11:30 朝会

所属しているチームの朝会に出席。大きな問題もなく、さらに金曜日なのでなんとなくゆるっとした雰囲気。仕事には緩急も必要です。

11:30~12:30 来週以降の施策やイベント案をまとめる

昨日のアップデート結果を踏まえて、来週以降に導入しようとしている施策やイベント案を再考します。

朝方に作っていたメンテナンス結果のまとめと合わせ、午後の打ち合わせで使用するためのんびりしてはいられません。

12:30~13:30 昼休み

お昼を食べたら、仲のいい同僚と一緒にゲームをすることも。

13:30~15:30 来週以降の打ち合わせ

午前中にまとめた資料を使って来週以降の打ち合わせを行います。売上にも関わる話なので、ディレクターだけではなくプロデューサーも参加します。

アップデートの結果が予測に対してどうだったか。予想通りであれば現状案を維持、良すぎれば来週以降のガチャ等を弱めに、逆に悪すぎれば追加の販売キャンペーンを入れるかというような話をします。オンラインタイトルは売り切って終わりではなく長く続いていくものであるため、長期的なプランを立てることが求められます。(しかしこれがなかなかに難しい……)

時々煮詰まってしまうと、「そんな先のことを聞かれても、予言者じゃないしわからん……!」と叫びたくなることもあったりなかったり。

15:30~18:00 来週以降の準備

午後の打ち合わせで決まった内容を再度まとめ、来週用の作業を洗い出します。

イベント用のポップアップやガチャの告知画面など、デザイナーに作成してもらうための指示書を作成します。

18:00 退社

定時は18:30ですが、金曜日だしさくっと退社。周りを見ても、金曜日は早上がりをする人が多いです。

ある月曜日

ある月曜日

10:00 出社

仕事は楽しくとも、週初めは何となくげんなりしてしまう月曜日。それでも頑張って出社します。

10:00~11:00 週末の動向をチェック

金曜夜から週末にかけてのゲームの動向を見ます。

週末に追加のイベントを張る場合もあるので、そのユーザーレビューなども併せてチェック。そうこうしているうちに、ユーザサポート担当から週末にあった問い合わせが回ってくるので対応します。

平和な週末であれば良いのですが、休みの時に何か問題が起きてしまった場合は、ヘタしたら月曜日中対応に追われることも

11:00 朝会

担当するタイトルの朝会です。今週の木曜日にするアップデート内容や、実装するイベント仕様書の読み合わせも行います。

11:00~12:30 アップデートに向けての作業

木曜日のアップデートに向けての諸作業を行います。午前中は主に下準備で、デバッグ時に使うチェックシートの項目を作成したり、掲載するお知らせの準備を行います。

12:30~13:30 昼休み

一週間の英気を養うため、がっつりランチを食べに行くことが多いです。

13:30~16:00 アップデートに向けての作業

午前中に行っていたデバッグシートやお知らせの準備と並行して、イベントやガチャデータの作成を行います。

16:00~17:30 担当部署会議

所属してる企画運営部署の会議です。他タイトル担当も集まる場で、自分が担当しているタイトルの現状や問題点を共有し、また今後の計画などを話し合います。

17:30~18:30

明日からのチェック作業を楽にするため、イベントやガチャのデータはなるべく月曜日に入れきってしまいます。

しかしどうしても仕様変更などは起こるため、混乱しないよう、まずはベース部分のデータは固めておきます。

18:30 退社

月曜日は、下準備が終わってしまえば比較的楽なので、定時きっかりに退社をします。

ある木曜日

ある木曜日

10:00 出社

週のヤマ、メンテナンスの木曜日なので、気合を入れて出社します。

10:00~11:00 最終チェック

デバッグ漏れの箇所がないか、仕様変更があった箇所は正しく修正されているか等をチェックします。また、ディレクターからメンテナンスに関する作業指示が来ることも。

11:00~12:00 朝会

担当タイトルの朝会に出席します。メンテナンス時のフローや実装内容、チェック項目などをプログラマーやデザイナー含めて確認、共有します。

ここで、チェック漏れの項目が見つかることも!

12:00~12:30 最終チェック

引き続き最終チェックをします。

12:30~13:30 昼休み

直前で何かあるかもしれないので、メンテナンスの日は自席で昼食をとるようにしていました。

13:30~14:00 メンテナンス直前

14:00にメンテナンス開始となるため、それまでは引き続きの最終チェックをします。

14:00~18:00 メンテナンス

14:00にメンテナンスに入ったことを確認し、一旦企画・運営の作業は終了です。ここから1時間ほどはプログラマーがアップデートの作業を行います。

その間休憩したいところですが、メンテナンス後に掲載するお知らせの準備や、今後のイベント案作成など、細々とした作業が発生します。

その後、プログラマーからアップデート作業が終わったという連絡を受けて、企画・運営で本番環境のチェックを行います。

実装前のデータはもちろんチェックしているものの、まれに本番環境でないと発生しないバグも存在します。また、課金決済が正しく動いているかというのはテスト時にはわからないため、特に重点的に確認します。

18:00 メンテナンス明け

18:00にメンテナンスが終了したのを確認し、まずはメンテナンス後のお知らせが正しく掲載されているかを確認します。

またSNSなどを回り、不具合の書き込みがないかを確認しつつ、自分でもゲームをプレイして進行に問題がないかを確認します。

18:00~20:00

メンテナンス後の経過観察をしつつ、問題があればその対処を、問題がなさそうであれば来週以降の作業を少しずつ始めます。

毎週の作業に追われることが多いゲーム運営ですが、とはいえ夏やクリスマスなど、未来に訪れる季節イベントの準備もしておかなければなりません。春に水着の話を、初秋にクリスマスのネタを出すのは通常営業です。

まとめ

スリリングな仕事

企画・運営の仕事には、短期的なものと長期的なものの両方が混ざっています。

大規模なチームであれば、メンテナンスチームや今後のイベント班などのすみ分けがされているかもしれませんが、リリースしてから長期運営となったタイトルでは、だんだんとチームの人数が減っていくのも事実。そうなると、一人で複数の業務をこなす必要があります。

確かに忙しい仕事ではありますが、自分の考えた仕様を細かいタームで世にリリースできるというのは充実感にもつながります。とはいえ、評判が悪かったりバグを出してしまえば凹むのも事実。逆に、自分の考えたものがズバっと刺されば、ガッツポーズをしたくもなります。

個人的な感想ですが、ゲーム運営はある意味ジェットコースターに乗っているようなスリリングな仕事。売上などの数値やユーザからの反応、バグによる炎上など、良いことも悪いこともスピーディーに降りかかってくるため、仕事に飽きることはありません。

不具合などで「生きた心地がしない……!」という時から「調子が良すぎてコワイ!」という時まで、それこそまるでゲームをプレイしているかのような気分を味わえるのが、企画・運営の仕事かもしれません。

ゲーム業界で5年ほど働き、運営・プランナー・ディレクター・プロデューサーを担当しました。
その時の経験をもとに、ゲームはいいぞ、ゲーム業界楽しいぞ!という記事を書いていきます。

2018年6月25日ゲーム業界・仕事