『PUBG』DUOでの立ち回りをマスターしてドン勝を分かち合おう

2018年3月27日PUBG

PUBG DUO

皆さん、PUBG楽しんでますか?
PUBGは自分でプレーするだけでなく、配信をだらだら見ているのも楽しいですよね。(最近の筆者がそんな感じです)
さて、今回はSOLOに引き続き、DUOの立ち回りのご紹介です。

前回のSOLOの立ち回り記事を読んでいない方は、

こちらのSOLOの立ち回り記事を先に読んでいただけると、より理解が深まりやすいと思います。

DUOの基本的な動き・勝つための必須条件

PUBG DUO

上の画像は、DUOをしている笑顔のshroudです。

基本とか必須条件だなんて大仰なタイトルになっていますが、大まかな立ち回りはSOLOもDUOもあまり変わりません。

序盤は遠征をし、各収縮前後に素早く動き、状況に合わせつつ基本は第3収縮で平坦エリアなら中央、山岳なら端を取っていきましょう。

移動には出来るだけUAZを使い、理想としては1人1台、2人で2台のUAZを確保できていると良いです。
ここまではいいですね。車両をキープし、収縮に合わせての素早い移動はPUBGの基本です。

では、SOLOとの違いがどこに出るのかと言うと、これは局所的な撃ち合いに尽きます。

DUOで勝つためには、撃ち合いを速やかに終わらせなければならないのです。

何故かと言うと、SOLOと違い、DUOはチーム戦なので1人を倒しても気絶・ダウンとなるために戦闘が長期化しやすいです。

戦闘が長期化すれば他チームに介入されやすくなりますし、敵が回復アイテムを使用してしまい、物資を奪う際の旨味も薄くなってしまいます。

DUOでは多少リスキーでも、1人ダウンを取った段階で、積極的に敵との距離を詰める意識を持ちましょう。

逆に、味方がダウンさせられた時には、速攻で蘇生に向かうのか、牽制を続けるのか瞬時に判断しなければなりません。

クロスや射線管理を意識しよう

クロス?射線管理?なんのこっちゃ、という人も多いと思うので説明します。

クロス

まず以下の2枚の画像をご覧ください。
あまりに抽象的すぎて分かりづらい図ですが、青丸がプレーヤーで、水色矢印が射線です。
PUBG クロス

PUBG クロス

これは部屋で敵を待ち受ける際に、2人で別々の位置からドアを見ている場合と、同じ位置からドアを見ている場合との2パターンです。

このように、1箇所を別々の位置から射線を交差させて見ることを俗に「クロス」と呼びます。
FPSにおける至極基本的な考え方なので、検索すればいくらでも例があると思います。

PUBGはFPS視点のみのゲームではないので、そのまんまで当てはめるのは良くないのですが、このようにクロスを組む意識を持つことは非常に大切です。

2枚目の画像のように同じ場所から射線を伸ばしていると、グレネードで一緒に吹き飛ぶ可能性がありますし、単純に射線が被ってチームキルの危険があります。

相手からしても、こちらの位置が2箇所にバラけていると攻めにくくなるので、こういった位置取りは常に意識するようにしましょう。

あんまり味方と距離が離れすぎるとカバーができなくなってしまいますが、ある程度の距離を保ちながらクロスを組んでいれば、相手はグレネードなどを使わないとコチラの守りを崩せません。

射線管理

また、射線管理についてですが、これもまずは以下の画像をご覧ください。

PUBG 射線管理

PUBG 射線管理

1枚目と2枚目の違いは、スモークを炊いているか、そうでないかの1点だけです。
このようにスモークを炊くことで、2枚目の画像においてプレーヤーは、1箇所にだけ意識を向けておくことができます。

もしスモークを炊いていなければ、もう一つの射線から撃たれる可能性を考慮しなければなりません。
このように射線を切ったり、作ったり、それら全般を「射線管理」と呼びます。

PUBGでは、このようにスモークが終盤かなり良い仕事をします。
周囲から自分に対して伸びてくる射線を、スモークで切ることができるからです。

もちろん、煙によってこちらの位置がバレるので、まったくのノーリスクという訳にはいきません

ですが、それでもDUO,SQUADというようなチーム戦になってくると、他チームから蜂の巣にされる危険を減らすために、スモークなどを使っての射線管理や、先に説明したクロスを組んだりといった工夫が必要になってくるのです。

特にクロスは、SOLOでは物理的にできない行動なので、DUOとSOLOとの大きな違いとして、SOLOプレーヤーの人はDUOをやるときに意識しておきましょう。

DUOで1番大事なこと

PUBG DUO

ここまでなんだかんだ理屈をこねましたが、結局のところ、DUOは相方とのコミュニケーションが最重要です(笑)

人はそれぞれ立ち回りに関する考え方が微妙に違っていて、今こうして読んでいる記事を実践しようにも、相手が作戦に納得してくれなければ意味がありません。

どちらがリードして、どちらが合わせるのか。撃ち合いで詰めるタイミング・引くタイミングの合わせ方。

いずれにせよ、ボイスチャットが出来るのなら、「こっちの街へ行こう」「詰めよう」などと声に出して相手に伝えることが必要になってきます。

あんまり遠慮しすぎてもダメですし、かと言って指示を出しすぎて相手に不快な思いをさせてしまっては、ゲーム以前の問題です。

楽しく、そして勝つために、相方とはしっかりとコミュニケーションを取りましょう。

まとめ

・DUOでの撃ち合いは出来るだけ早く終わらせよう
・クロスや射線管理を意識することが大切


DUOはSOLOとSQUADの中間的な立ち位置ですし、立ち回りもどうやったものかと悩んでしまいますよね。

相棒と共に激戦区で敵を倒しまくるのか、遠征で貪欲に勝ちに行くのか。はたまた、武器縛りでドン勝を狙うのか。

SQUADに比べて、こんな風に気軽にいろいろな戦法を試せるのもDUOの良いところです。

また、これは個人的な考えですが、SOLOやSQUADに比べ、DUOはより撃ち合いでの強さが求められるモードだと思います。

なぜかというと、DUOは敵に不意打ちを喰らっても気絶・ダウンがあるため、SOLOよりも立て直しが効きますし、またSQUADのように立地選びなどの「立ち回り」で詰むケースが少ないからです。

厳しい状況に置かれても、撃ち合いでゴリ押せば一発逆転の可能性がある。撃ち合い強者向けなモードがDUOなのかもしれません。

Copyright ©DMM GAMES.©
PUBG Corporation. All rights reserved.
The following two tabs change content below.
源田洋輔

源田洋輔

1992年生まれのポケモン世代で、かれこれ20年はゲームで遊んできました。面白いことはより面白くなるように、タメになる話はより深く掘り下げて紹介できるよう精進して行きます!

げーほり編集部がオススメする面白いスマホゲームアプリをご紹介!

げーほり編集部のメンバーが、数多くのスマホアプリを遊んだ中から、特に面白かった5つのスマホアプリを厳選してみました!