『PUBG』サーバーによっての特徴が違う!自分に合ったサーバーを選ぼう

サーバー

新シーズンも始まり、また新鮮な気持ちで「ドン活」を始められそうですね。

新マップの噂も出てきましたし、PUBG Japan SeriesのPhase2も始まりしたし、モチベーションが上がる一方ですね。

また、日本からSunSisterRoyaltyが出場したIEM2018(現地2月24日~25日)を、ご覧になった方もたくさんいらっしゃることでしょう。

やはり世界の名だたる強豪が集う大会だけに、ハイレベルな試合が繰り広げられました。

技術の高さはもちろん、各チームの動き方を見るとそのレベルの高さが分かる大会でした。

そこで今回は、各サーバーにおける特徴を紹介しつつ、
日本でプレーするのにオススメのサーバーを紹介していきたいと思います。

サーバーの基本知識

サーバー

PUBGのサーバーは、地域ごとに計7つに分かれています。

  • NA(North America 北アメリカ)
  • EU(Europe ヨーロッパ)
  • JP(Japan 日本)
  • AS(Asia アジア)
  • OC(Oceania オセアニア)
  • SA(South and Central America 中・南米)
  • SEA(South East Asia 東南アジア)

そしてそこからSOLO/DUO/SQUAD、TPP/FPPに分かれています。

基本的には、自分の住んでいる地域のサーバーを選びましょう

というのも、自分の地域から離れれば離れるほど通信が遅れるので、
自分のアクションが、敵に反映されるまでにラグが生じてしまいます。

PUBGだけでなく、あらゆるオンラインゲームではこのラグが命取りとなるので注意

※2018年7月現在は、JPサーバーへのマッチングに時間がかかることがあります。
その際は、NAやASサーバーに切り替えてみると早くマッチングすることがあるので、お試しください。

各サーバーの特徴

ここでいうサーバーの特徴とは、言い換えればプレイヤーの特徴のことです。

「NAサーバーは武器が1.5倍多い」というわけではありません。
そういうものは存在しないのでご安心ください

なお、記載がないサーバーについては、筆者があまりプレイしないサーバーなのでご了承ください。

AS(アジア)

PUBGがリリースされた当初、日本人のプレイヤーの多くはASサーバーでプレイしていました。

というのも、KRとJPサーバーは後から追加されたので、それまでアジアのプレイヤーの多くはASサーバーでプレイしていたのです。

印象としては「殺意が高い

車両に向かって躊躇なく撃つ印象ですし、撃ち合いにおいてもかなり好戦的な印象があります

また、これはのちに紹介するKR/JPサーバーにも共通することですが、エイムよりも立ち回りを重視する傾向があるように感じます

やはり、NAやEUと異なりTPPのほうが人気ということも理由の一つかもしれません。

NA・EU

今日のNAやEUではFPPが主流となっている印象です。

実際に有名配信者のほとんどは、FPPをメインにやっているようですね

現に、先日開催されたIEM2018のPUBGの大会ではFPPモードが採用され、大盛況となりました。

やはりFPPが主流というだけあって、ASよりもエイムが重視されている感じがします

もちろん、立ち回りが下手というワケではなく、あくまで重視するのがエイムということです。

そしてこの傾向は別にFPPモードだけではなく、TPPモードでも共通して言えることです。

いくら立ち回りが悪くても、敵に弾を当てることができれば勝てるゲームですから、このような考え方も理にかなっているかもしれません。

ただ、キルをしなくても勝てるPUBGにおいては、このような考え方には少し疑問が残る感も否めません。

JP

ASやNAに比べると、比較的最近増設されたサーバーです。

文字通り日本向けのサーバーで、筆者としてはうまい人が多いイメージです

かつ、殺意が高いので、感覚としてはASサーバーをレベルアップしたような感じです。

おそらく多くの日本人プレイヤーはこのサーバーでプレイしていることと思います。

JPサーバーの記事はこちらから。

OC

現在調査中です。

コメントにて情報を絶賛受付中です!

SA

現在調査中です。

コメントにて情報を絶賛受付中です!

SEA

現在調査中です。

コメントにて情報を絶賛受付中です!

テストサーバー

テストサーバー

アップデートが実装される前はテストサーバーが開かれます。

新要素をいち早く試せる場ですので、オープンのアナウンスの度にプレイしてみてはいかがでしょうか。

なお、テストサーバーでプレイするには、別途アプリケーションが必要ですのでダウンロード・インストールしておきましょう。

サーバーの選び方

サーバーの選び方

地域の選択は右下から、モードの選択はから行うことができます

上で書いたとおり、サーバーのはそれぞれ特徴があるので、自分のスキルや、やりたいことに合わせたサーバーを選ぶことが大切です。

しかし、サーバーの地域が遠ければ遠いほど「ラグ」が発生して、快適なプレイは難しくなります。

初心者・上級者問わず基本的にはKR/JPやASでプレイするのをオススメしますが、気分転換で別のサーバーに行ってみるのも良いでしょう。

レートが高くなりすぎてなかなか勝てなくなった人も、別のサーバーに行ってみるとスムーズに勝てるようになるかもしれません。

※レートとは
簡単に言うと、自分の強さの指標みたいなものです。
PUBG内では順位とキル数でレートが決まります。
基本的には10位以内でレートが上がり、そのレートに基づいてマッチングされます。
つまり、レートが上がれば上がるほどうまい敵と当たるので、勝ちづらくなっていくのです。

まとめ

サーバー選びは、PUBGをプレイする上で絶対に必要なプロセスですが、基本的には自分がプレイしている地域を選択しましょう。

ただ、ゲームモードやレートによって戦場を変えるのも、良い気分転換になって新たな楽しみ方もできると思います。

大型アップデートが入る前はテストサーバーもオープンされるので、新要素に触れてみてはいかがでしょうか。

Copyright ©DMM GAMES.©
PUBG Corporation. All rights reserved.
シオン

FPSを中心に幅広いジャンルをプレイ。
未プレイの人も読んで楽しめる、わかりやすい記事を書いていきたいと思ってます!

2018年3月13日PUBGサーバー