【Tt eSPORTS】って何?eスポーツとの関係は?徹底解説!

Tt eSPORTS

Tt eSPORTS】 みなさんご存知でしょうか?あまりなじみのない名前だと思います。

Tt eSPORTSとは、主にゲーミングデバイスを製作・販売している会社なのですが、日本のPCゲーマーの間ではゲーミングデバイスというと、ロジクールやレイザー、エイリアンウェアなどをすぐに連想する方が多いと思います。
確かに、それらの製品は有名ですし、使用者が多いかもしれません。

しかし、今回紹介するTt eSPORTSは、それらのゲーミングデバイスに引けを取らない性能を誇っており、さらには他のゲーミングデバイスにはない特徴を有しているものが多くあります。

PCゲーマーの皆さんは、知っておいて損はないはずです!さっそく、Tt eSPORTSとは何なのか見ていきましょう!

Tt eSPORTSの基本情報

Tt eSPORTSとは、台湾に本社があるThermaltake(サーマルティク)という冷却用CPUヒートシンクやPCファン、PCケースなどの販売を手掛けている会社が自社内で立ち上げた、ゲーミングデバイスを取り扱う部署の一つです。

つまり、パソコンの性能などを高める製品を扱っていた会社の内の、ゲーミングデバイスやeスポーツに特化した部署がTt eSPORTSなのです。

元の会社がパソコンのスペックを高めるための製品を扱っている会社なので、ゲーミングデバイスなども期待できそうな感じがしますよね!

実はその予想は当たっていて、Tt eSPORTSの出しているゲーミングデバイスは、他のゲーミングデバイスに勝るとも劣らない性能と、Tt eSPORTSの製品にしかない特徴を備えた、素晴らしいゲーミングデバイスがたくさんあるのです。

次は、Tt eSPORTSの人気のあるゲーミングデバイスをいくつか詳しく見てみましょう!

公式サイト:Tt eSPORTS

Facebook:TteSPORTS Japan

Twitter(海外):Tt eSPORTS @ttesports

Tt eSPORTSのゲーミングデバイス

マウス「VENTUS」

VENTUS

公式サイト:VENTUS

まず最初に見ていきたいのは、どのジャンルのPCゲーマーにとっても一番重要なデバイスであるゲーミングマウスです。

Tt eSPORTSのゲーミングマウスである「VENTUS」(ヴェントゥス)は左右対称デザインにより、右手でも左手でも使用することのできるゲーミングデバイスです。
また、ゲームプレイ中の武器交換や、コマンド入力に便利なハードウェアマクロ機能も搭載されています。

このゲーミングマウスの最大の特徴は、マウスの表面にハニカム構造が使用されている点です。
ハニカム構造とは、正六角形または正六角柱を隙間なく並べた構造のことで、ハチの巣などにこのハニカム構造が使用されています。

ヴェントゥスでは、このハニカム構造をゲーミングマウスに使用したことによって、マウスの表面にホールを設けて、手のひらに集まる熱を放散させることが出来るようになりました。
これによって、長時間プレイによる手汗などで、マウスが滑ってしまうことなどを防ぐことが出来ます。

この機能は他のゲーミングマウスには見られず、Tt eSPORTSのゲーミングデバイスならではの特徴といえます。

キーボード「POSEIDON Z RGB (BLUE SWITCH EDITION)」

POSEIDON Z RGB (BLUE SWITCH EDITION)

公式サイト:POSEIDON Z RGB (BLUE SWITCH EDITION)

次はゲーミングキーボードを見ていきましょう。

Tt eSPORTSのゲーミングキーボードである「POSEIDON Z RGB」は、Tt eSPORTS認定のブルースイッチを採用しているキーボードです。

最近では、どのゲーミングキーボードも光るようになってきていますが、このキーボードも、もちろん光ります。

このゲーミングキーボードのすごいところは、LEDを搭載しており、キーボードにあるキーの色と明るさを個別に選ぶことが出来るということです。
その際に選べる色の数は、何と驚きの1,680万色!この世の中にそんなに色の数があったのかと驚愕しますね・・・

そしてそれを再現できてしまうこのゲーミングキーボードは、やっぱりすごいですね!

さらに、このキーボードは5種類のLEDライティングエフェクトも設定することが出来ます。

このように、キーボードの光の色やライティングエフェクトが自由に選べるので、気合を入れるために赤の光に統一したり、冷静なプレイをしたいときには青の光に統一したり、長時間プレイで疲れた時には緑の光にするなど、その時々の気分やシーンによって簡単に変更することが出来て、普段のプレイに変化を与えてくれます。

また、ちょっとした気分転換をしたいときなんかにも役に立ちます。

ヘッドセット「VERTO」

VERTO

公式サイト:VERTO

最後にゲーミングヘッドセットを見ていきましょう。

「VERTO」は、パイロット用インカムをイメージした鋭角的なデザインのヘッドセットです。

頭にフィットする無段階調整式のヘッドバンドを装備し、装着時の不快感を軽減してくれます。
このため、長時間プレイしていても快適なゲームプレイが楽しめます。

また、40mmネオジムドライバを搭載しており、音質にこだわっています。
PCゲームには音が重要になってくるゲームもたくさんあるので、音質が高ければ有利になることがあります。

そして、自由に曲げて角度調節可能なノイズキャンセリングマイクを搭載しています。
このため、味方との連携も非常にスムーズに進めることが出来ます。

このゲーミングヘッドセットは、イヤーカップを90度回転させることが出来るので、持ち運びに便利なフラット状態にすることが可能です。

ケーブルは3mと長めになっており、横になって楽しんでも疲れることがありません。
スマートフォンなどに対応するケーブルと交換して、純粋に音楽を楽しむなど、日常生活で使用することも可能となっています。

Tt eSPORTSとeスポーツの関係

Tt eSPORTSはeスポーツに非常に力を入れており、Tt eSPORTSがスポンサーのチームが多く存在します。

これから、Tt eSPORTSがスポンサーとなっているeスポーツチームをいくつか紹介していきます。

Masterminds GC

Masterminds GC

まずはじめに紹介するチームは、Masterminds GCです。

このチームはオーストラリアに拠点を置いて活動しており、2016年に結成されました。

オーバーウォッチやCS:GOをメインに活動しています。

Overwatch AOC CyberGamer Circuit 2017 では、見事優勝しています。

Facebook:Masterminds GC

AiM2GaME

AiM2GaME

次に紹介するチームは、AiM2GaMEです。

このチームは2010年にインドで結成されたチームです。

主にCS:GOをプレイしており、インドで一番になるために活動しています。

ここ最近、eスポーツが著しく成長を遂げている南アジアに近いインドにも、Tt eSPORTSがスポンサーとなっているチームがあるとは驚きですね!

Facebook:JMD Gaming

Twitter:JMD GAMING @jmdgamingindia

AC Gaming

AC Gaming

最後に紹介するチームは、AC Gamingです。

このチームは2012年にフィリピンで結成されたチームで、主なゲームはCrossfireです。

Crossfireで様々な成績を残しており、チャンピオンシップや、フィリピンの大会などで高い成績を残しているチームです。

このように、Tt eSPORTSは様々なeスポーツチームのスポンサーとして、eスポーツの発展に貢献しています。

Facebook:ACGaming TTesports

まとめ

Tt eSPORTSは実際のところ、まだまだ日本での知名度は高くありません。

しかし、先ほど紹介したような、他にはないゲーミングデバイスや、スポンサーとしてのeスポーツに対する活動など、様々な素晴らしい点があります。

ゲーミングデバイスなどを新しく購入する際には、ぜひこのTt eSPORTSの製品を候補の一つにしてみてはいかがでしょうか!

トルク

PCゲームをたしなんでいます。昔は出来ていたコントローラーのゲームが操作に慣れなくて出来なくなってる・・・みなさんに読みやすい記事をお届けしたいです!

2018年2月26日周辺機器Tt eSPORTS, 台湾