『FF14』次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層をタンク視点で解説!後編

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
眼精疲労に続き、アレルギー性鼻炎も発症したボロボロのマシューです。

し、しんどい・・・

さて、今回は前回に引き続き次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層後半をタンク視点で解説します!

注意すること

  • スイッチをして攻撃を受ける場面がある
  • 防御バフのリキャスト管理
  • ボスの位置は基本的に中央固定(PTによっては違う場合もあります)
  • 筆者がタンクにとってあまり重要ではないと判断した部分は省いてあるので予めご了承下さい

フェーズ1

心ない天使

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
全員のHPを1にする全体攻撃

「アルテマ」が終わるまでボスの向きは変わらないので、それまで背面に集合するかターゲットサークルに踏み込んで回復をもらいましょう。

アルテマ

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層

前半と同じ全体範囲攻撃。

後半戦では他の全体攻撃の方が痛いので軽減系は温存しておきましょう。

ハイパードライブ

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層

ヘイト1位にダメージ+ペインの中範囲魔法攻撃。

前半戦と同じくボスのターゲットサークルに、踏み込んでいると近接DPSや背面のプレイヤーまで巻き込みかねないので注意しましょう。

前半の「ハイパードライブ」と比べて受けるダメージは大したことないので、防御バフなしでも耐えられるはずです。

スリースターズ

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
「ブリザガ」「サンダガ」「ファイガ」の3連続攻撃

戦闘エリアを中心に「サンダガ」が十字の直線範囲攻撃でくるのでボスの位置が中途半端だと逃げ場がなくなり誰かが死にます。

「スリースターズ」前にボスを中央か北で固定する2パターンの方法があるのでPTと相談しましょう。

ミッシング

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
全体範囲攻撃

軽減無しだとかなり痛いので「リプライザル」「シェイクオフ」「ディヴァインヴェール」など使いましょう。

基本的に「ミッシング」に対して軽減をしていきます。

心ない大天使

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
全員のHPを1にし、「HP回復効果無効」デバフを付与する全体攻撃

「心ない大天使」にはいくつか注意点があります。

まず、「HP回復効果無効」デバフで「クレメンシー」「エクリブリウム」だけでなく、「原初の魂」「ソウルイーター」などのHP吸収攻撃も回復しなくなっています。

「心ない大天使」は詠唱完了前にHPを最大まで回復しないと「HP回復効果無効」デバフが延長されるギミックです。

つまり、戦士の「ディフェンダー」は自身の最大HPを上昇させる効果があるので、HPが全回復している状態で「心ない大天使」の直前に「デストロイヤー」から「ディフェンダー」に切り替えるとHPが全回復していない状態になり、「HP回復効果無効」デバフが延長されてしまいます。

もし、「デストロイヤー」から「ディフェンダー」に切り替える場合は「ミッシング」の詠唱中に切り替えたほうがいいです。

光の波動

「心ない大天使」のときに出現するAoEです。

PTによってやり方が違うと思いますが、「光の波動」処理後に「HP回復無効」デバフが無くなり次第、ボスのターゲットサークルに踏み込んで回復してもらいましょう。

また、このときにDPS対象の「マッドヘッド」の爆発に巻き込まれないようにしましょう。

破壊の翼(両翼)

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
ボスに最も近いプレイヤーと最も遠いプレイヤーが対象の大範囲攻撃

タンク以外だと即死するのでSTは詠唱完了前に離れる、MTはボスのターゲットサークルに触れるくらいか少し踏み込めば大丈夫です。

防御バフなしだと最悪死ぬので「ランパート」「シェルトロン」などの防御バフ1つは使ったほうがいいです。

裁きの光

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
全体範囲攻撃。

「ミッシング」と同じくこちらもかなり痛いので「リプライザル」「シェイクオフ」「ディヴァインヴェール」など使いましょう。

フェーズ2

トライン(小)

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
外周に6つ、中央に1つの三角形の範囲攻撃の予兆が出現します。

3つめから爆発した1つめに移動するだけなのですが、配置される順番がランダムなのでその都度把握していなければなりません。

全員がMTと同じ場所に行けないと攻撃できなくなりますが、回避を優先しましょう。

破壊の翼(片翼)

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
詠唱有りの180度の範囲攻撃

戦闘エリア半分の範囲なのでボスの翼を見てどちらに回避するか判断しましょう。

「破壊の翼(片翼)」を見てから「トライン(小)」を安地に行きましょう。

破壊の翼(両翼)

「トライン(小)」を避けてすぐに「破壊の翼(両翼)」がきます。

STは「トライン(小)」に気をつけつつ、離れましょう。

MTは「トライン(小)」の安地に行くのが遅いと、PTメンバーとタンクの位置関係が崩れるので、素早く移動して「破壊の翼(両翼)」の詠唱が始まったらボスに近寄りましょう。

このときMTが外周側に行くという決まりを作っておけば、巻き込み事故も減ります。

ただし、「トライン(小)」を避けるときに外周から中央に回避した場合はそのままの位置で「破壊の翼(両翼)」を処理しましょう。

「破壊の翼(両翼)」が終わったらすぐにボスを中央に戻しましょう。

過去の破滅/未来の破滅

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層

ランダム1名を対象とした頭割り攻撃の後にそれぞれ対応した攻撃がきます。

受けると被ダメージ上昇デバフが付与されます。

基本的にMT以外は背面にいるはずなので、「過去の破滅/未来の破滅」の詠唱が始まったらMTが背面に移動します。

  • 過去の破滅
  • ボスの後方180度の戦闘エリア半分の範囲攻撃です。

    頭割り後にそのままの位置で「過去の破滅」が終わるまで待機しましょう。

  • 未来の破滅
  • ボスの前方180度の戦闘エリア半分の範囲攻撃です。

    頭割り後にもう一度ボスの背面に移動して避けましょう。

終末の双腕

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
ヘイト1位対象の範囲物理頭割り攻撃

MTとSTで頭割りしますが、一人で無敵受けが一般的です。

ここの「終末の双腕」はMTの無敵受け回だと思うので「ハイパードライブ」も合わせて無敵受けしましょう。

全フェーズで合計5回使用してきます。

フェーズ3 妖星乱舞

光の波動

ここの「光の波動」はタンクが担当すると思います。

MTとSTで処理しましょう。

過去の終焉/未来の終焉→消滅の脚

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層

「過去の破滅/未来の破滅」と同じギミックですが、ヒーラーとタンク4名対象の小範囲攻撃がきます。

ここのやり方は、外周か中央で処理の2パターンありますが、恐らく主流であろう中央で処理の方法で解説します。

「光の波動」処理後に「過去の終焉/未来の終焉」の詠唱が始まるので、十字に散開してそれぞれが範囲攻撃を受けたあと「過去の終焉」ならボスの正面(MT側)に移動します。

「未来の終焉」なら背面に移動しましょう。

このとき、なるべくボスに対して真っ直ぐ正面/背面の位置にいないと、「消滅の脚」がずれてしまってヒーラーかタンクが巻き込まれるので注意しましょう。

光の波動×4

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層

ヒーラーとタンクで2個ずつ処理します。

「消滅の脚」の向きが確定したらすぐにタンクが担当する「光の波動」まで行きます。

「光の波動」爆発までの猶予がないので「スプリント」推奨です。

また、「消滅の脚」がずれていることもあるので南側に行き過ぎないようにしましょう。

裁きの光

「リライザル」などの軽減を使いましょう。

MTはボスの位置がずれていたら「裁きの光」終わり次第、ボスを中央に戻すのを忘れずに

フェーズ4

スリースターズ

中央回避の方法なら「裁きの光」で位置を中央に戻せていないと誰かが死にます。

トライン(大)

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
「トライン(小)」と違い、中央に大きな三角形が出現します。

外周か中央が安地になるので「トライン(小)」より簡単です。

過去の破滅/未来の破滅

「トライン(大)」の安地が外周の場合は安地が広いのでそこまで注意する必要はないですが、中央が安地の場合は非常に狭いので固まって頭割りした後にしっかりボスの向きを見て回避しましょう。

破壊の翼(両翼)→終末の双腕

「過去の破滅/未来の破滅」後すぐに「破壊の翼(両翼)」がくるので位置関係に気をつけましょう。

筆者のPTでは、「トライン(大)」詠唱中にスイッチしてSTのナイトが「終末の双腕」を「インビンシブル」で受けています。

このやり方だとMTが離れて「破壊の翼(両翼)」を受けなければならないので注意です。

そして「ハイパードライブ」詠唱中に再びスイッチしましょう。

ボスが中央からずれていたら中央にくるように調整しましょう。

フェーズ5 神々の像

光の波動→終末の双腕

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
ランダム4名が線で繋がれて「波動弾」でノックバックします。

タンクもノックバックの対象になりますが「鋼の意志」や「原初の解放」でノックバック無効化ができます。

「光の波動」処理中に「終末の双腕」がきますが、無敵バフがないのでタンク二人で「ヴェンヴェンス」「センチネル」「シャドウウォール」を使い頭割りしましょう。

光の波動×3→破壊の翼(両翼)→破壊の翼(片翼)+神々の像

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層

MTはこの「光の波動」が終わり次第すぐにボスの向きを「西」か「東」に向けないと180度の範囲攻撃の「神々の像」と「破壊の翼(片翼)」の安地が無くなり全滅します。

向きがずれると安地が広くなる場合もありますが、逆に狭くなることもあるのでしっかり向きを固定しましょう。

また、「西」か「東」に向けているときに「破壊の翼(両翼)」もくるので位置に気をつけつつ、「光の波動」を処理しているPTメンバーに当てないようにしましょう。

フェーズ6

トライン(小)→破壊の翼(片翼)→破壊の翼(両翼)→終末の双腕

ギミックが連続でくるのでタンクは相当忙しい回です。

ハイパードライブ→アルテマ×2

「ハイパードライブ」が終わって「アルテマ」の詠唱が始まったらボスは動かないので背面に集合してヒールをもらいましょう。

「アルテマ×2」が終わったらボスを中央に戻しましょう。

最終フェーズ 神々の像2回目

「フェーズ4」のギミックがループします。

波動弾→アルテマ→終末の双腕

最後の「終末の双腕」です。

この後の「破壊の翼(両翼)」も考慮して余っている防御バフをフルに活用して耐えましょう。

アルテマ→破壊の翼(片翼)→アルテマ×4→裁きの光(時間切れ)

「アルテマ×4」がかなり痛いので、余っている防御バフを乗せた「シェイクオフ」や「ディヴァインヴェール」「リプライザル」を使い切りましょう。

また、「アルテマ」詠唱の間にMTにAAも相まって致死量のダメージなので防御バフを使いましょう。

その他のポイント

アタッカースタンスについて

「終末の双腕」「破壊の翼(両翼)」 AAがボスの主なダメージソースですが防御バフや無敵バフをしっかり使えば「ディフェンススタンス」の必要はないと思います。

ですが、自身のHPとヘイトの状況次第では適宜「ディフェンススタンス」に切り替えてその場を凌がなくてはならないときもあります。

特に「ミッシング」「心ない大天使」でのヒールヘイトはヒーラーにターゲットがいくほどの凄まじいヘイト量です。

「アタッカースタンス」に切り替えて攻撃するなら、状況に合わせて「ディフェンススタンス」と使いわけましょう。

無敵受けについて

筆者はMT戦士で1回目と3回目の「終末の双腕」を「ホルムギャング」で受けています。

これは「光の波動」を処理するときにSTと一緒にAoEを踏まなければならず、二人で「終末の双腕」を受けざるを得ないからです。

しかし暗黒の「リビングデッド」だと1回目に使っても3回目の「終末の双腕」にリキャストが間に合わず、使用タイミングが戦士とは大きく異なります。

なので暗黒はどこで「リビングデッド」を使うのかPTと相談したほうがいいと思います。

ナイトの「インビンシブル」はどこで使っても最終フェーズ辺りでしかリキャストが戻ってこないので注意です。

ロールアクションについて

  • 「挑発」
  • 「シャーク」
  • 「ランパート」
  • 「コンバレセンス」
  • 「リプライザル」

スイッチもあるので上記以外のロールアクションはセットしないと思います。

最後に

シグマ編零式4層後半の最終決戦ですね。
個人的には必要な火力はそこまで高くないかな?と思いましたが、ギミック量が多く混乱しがちなので1つ1つ丁寧にギミックを処理していくことと状況判断が大切です。
長くなりましたが、クリアまで後もう少し!攻略中の方々を応援しています!

かなりぐだぐだになってしまいましたが動画をどうぞ・・・!

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 – 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
マシュー

ライター未経験で拙い文章ですが、頑張ります!
FF14では放浪している戦闘民族のララフェルです。見かけたら撫でてあげてください。

2018年2月22日FF14シグマ編4層, 次元の狭間オメガ零式