『FF14』次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層をタンク視点で解説!前編

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
最近、自分のやるゲームのエフェクトが激しくて眼精疲労気味のマシューです。

目があああ目があああ!!!

さて、今回は次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層の前半をタンク視点で解説します。

注意すること

  • ケフカの使用する魔法には「真実」と「虚偽」があります。
  • ボスの削りが非常に厳しいので「食事」と「薬」は惜しみなく使うこと。
  • スイッチはありません。(一部例外有り、理由は後述)
  • ケフカのHPが59%で後半戦に移行します。(60%では不可)

フェーズ1

※神々の像でフェーズを区切っています

めらめらファイガ

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
ランダム6名に小範囲攻撃か頭割り攻撃。

「真実」の場合は、付与されたマーカー通りに散開か頭割りをしましょう。

「虚偽」の場合は、頭割りなら散開、散開なら頭割りしましょう。

これは対象がランダムなので、頭割りならMTも集合しましょう。

ハイパードライブ

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
ヘイト1位に魔法属性の大ダメージ範囲攻撃。

「フェーズ1」で、「めらめらファイガ」後にきます。

広い範囲攻撃なので、ボスのターゲットサークルに踏み込まないようにしましょう。

前半戦は約7分の短いフェーズなので、無敵バフを積極的に使っていく必要があります。

そこで、前半戦の各タンクの「ハイパードライブ」に対する無敵バフと、防御バフのスキル回しについて解説したいと思います。

ナイト

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
「インビンシブル」はリキャストが7分なので、使用するタイミングが前後しても前半戦で使えるのは1回だけです。

基本的にSTをやっていて、ボスのターゲットをもつことがほとんどないので、「センチネル」「ランパート」などを使わない、もしくは「インターベンション」と合わせてMTに使うことが多いはずです。

前半戦での「ハイパードライブ」の使用回数は、全部で4回です。

ということは、MTとSTで3回無敵バフが使えるので、1回は防御バフで受けなくてはなりません。

ケフカは「ハイパードライブ」だけではなく、AAのダメージも相当高い上に、次の「ハイパードライブ」の間隔も長いので、防御バフを温存しすぎないように使っていると思います。

そこで有効なのが「かばう」です。

AAはもちろん、「ハイパードライブ」も肩代わりできるので、「インターベンション」と合わせて防御バフを使用しつつ、予め決めておいた場面の「ハイパードライブ」に防御バフをフルに使って「かばう」ことによって、MTの負担を大幅に軽減できます。

もうひとつ利点があり、「かばう」をすることによって、スイッチの手間が省けるというのもあります。

暗黒騎士

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
「リビングデッド」のリキャストは5分なので、1回目と4回目の「ハイパードライブ」に使えます。

STがナイトの場合は、1回目の「ハイパードライブ」後にスイッチしてもらい、2回目の「ハイパードライブ」の「インビンシブル」後に再びスイッチすればいいと思います。

STが戦士の場合は、「ホルムギャング」と「リビングデッド」のリキャストタイムの相性が悪いので、噛み合わないのが難点ですが、1、2回目無敵受け 3回目防御バフ受け 4回目無敵受けでいいと思います。

「ハイパードライブ」が魔法属性なので、「ダークマインド」が非常に強力です。

定期的に「ブラックナイト」も使えば、更に被ダメージを軽減できます。

戦士

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
「ホルムギャング」のリキャストは3分なので、2回使えます。

STがナイトの場合は、戦闘をナイトから始めてもらえば、1回目の「ハイパードライブ」を「インビンシブル」で受けてMTとスイッチすれば、後半スイッチする必要が無くなります。

あとはナイトの欄に記載したとおり、「かばう」や「インターベンション」を使ってもらえば負担が減ります。

1回目「インビンシブル」 2回目「ホルムギャング」 3回目「ヴェンジェンス」「ランパート」 4回目「ホルムギャング」と綺麗にリキャストが回るので、戦士がMTの場合AAのほうが致死量のダメージになりがちです。

どきどきアルテマ

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
詠唱有り全体攻撃で頻繁に使ってきます。

軽減なしだと約3万ダメージ程です。

できれば「リプライザル」を使いましょう。

フェーズ2 神々の像1回目

豪腕の神気

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
DPS4人を対象とした頭割り攻撃です。

「波動砲」と相まってかなり痛いので、事前に「シェイクオフ」や「ディヴァインヴェール」を使いましょう。

裁きの光

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
詠唱有りの全体攻撃です。

「どきどきアルテマ」と違い相当痛いので、「リプライザル」推奨です。

こちらも頻繁に使用してくるので、その都度「シェイクオフ」や「ディヴァインヴェール」もあれば合わせて使いましょう。

神々の像

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
全体ノックバック攻撃です。

ランダムで発生位置が変わりますが、「マジックアウト」の詠唱でノックバックの発生位置が確定します。

「鋼の意志」や「原初の解放」などでノックバックを無効化することができますが、使用タイミングに気をつけましょう。

ハイパードライブ

2回目の「ハイパードライブ」です。

無敵バフで受けましょう。

フェーズ3 神々の像2回目

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層

ずんずんエアロガ

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
ボス中心のノックバック攻撃です。

ノックバックの距離が長いので、「ずんずんエアロガ」がくるまえにフィールドの端に誘導しておきましょう。

間に合わないと思ったら、「鋼の意志」などで無効化することもできます。

「ずんずんエアロガ」後に「神々の像」でフィールド半分の攻撃がくるので、それまでに中央に誘導しておきましょう。

ハイパードライブ

3回目の「ハイパードライブ」です。

「ヴェンジェンス」「センチネル」「シャドウウォール」+「ランパート」などの防御バフを使いましょう。

フェーズ4 神々の像3回目

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層

神々の像

次元の狭間オメガ零式:シグマ編4層
「神々の像」詠唱後、それぞれに範囲攻撃がきます。

範囲攻撃が広がると「視線ギミック」がやりにくいので、詠唱が始まったらMTはPTメンバーのところに集合しましょう。

ハイパードライブ

4回目の最後の「ハイパードライブ」です。

無敵バフで受けましょう。

どきどきアルテマ×3

「どきどきアルテマ」を3連続使用してきます。

「リプライザル」はもちろん、「シェイクオフ」や「ディヴァインヴェール」などの軽減をフルに使いましょう。

あとは全力でHPを削るのみです。

その他のポイント

アタッカースタンスについて

「ハイパードライブ」は無敵受けがあるので、特に気にすることはないのですが、AAのダメージが脅威なので「ディフェンススタンス」を入れたくなる場面がでてくると思います。

実装から数週間経って、新式以外の装備も手に入っているプレイヤーもいるので、実装当初と比べて全体的な火力も上がっていると思います。

ですが、後半のほうが楽なんじゃないかと錯覚するくらいに、前半のケフカの削りは未だにしんどいです。

ギミックも前半のほうが事故率は高く、安定して超えたいので、僕は終始「アタッカースタンス」でやらせてもらっています。

前半の練習なら、ギミックに慣れるまで「ディフェンススタンス」でいいと思いますが、その先に行く必要が出てきたときは、タンクもできうることの全てをやったほうがいいと僕は思います。

ロールアクションについて

  • 「挑発」
  • 「シャーク」
  • 「ランパート」
  • 「コンバレセンス」
  • 「リプライザル」
  • 上記以外のロールアクションはセットすることはないですね。

    まとめ

    いよいよシグマ編零式も最後の4層です。

    まだ前半戦ですが、かなり苦労すると思います。

    しかし、ここまできたならやってやろうじゃないですか!

    シグマ編零式踏破まであと少し!頑張りましょう!
    こちらが実際のプレイ動画です。

    記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
    Copyright (C) 2010 – 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
    マシュー

    ライター未経験で拙い文章ですが、頑張ります!
    FF14では放浪している戦闘民族のララフェルです。見かけたら撫でてあげてください。

    2018年2月21日FF14シグマ編4層, 次元の狭間オメガ零式