信頼のおすすめアケコンを2つ紹介!格闘ゲームでプロを目指すならコレ

2018年1月17日周辺機器

アケコン

昔やってたゲームの名残でアケコンは持ってます。BloodEdgeです。

アーケードコントローラー、縮めてアケコン。お家でもアーケードゲームと同じ感覚でプレイができるとあって、格闘ゲームプレイヤーの多くはアケコンでプレイしています。コマンド入力も、パッドと比べて早く出来ます。(パッド勢でもトッププレイヤーはいますけどね)

このアケコン、良いものを買うとなかなか値が張る!大体2万円弱程度でしょうか。
ですが3000円ぐらいの安物を買うと、すぐ壊れる、操作性が悪い、音がうるさいetc…であまりおすすめできません。この記事を読んでいる方にも、安物買っちゃった人いるのではないでしょうか。

今回はそんな方のために、信頼できるアケコンをいくつかご紹介したいと思います!

まだアケコンを買ったことない方、安物を買って損した方、新しく買い替えたいと思っている方は、ぜひともこの記事を参考にしてみてください。

アケコンってなあに?(知ってる人は飛ばしてね!)

アケコンのことを全く知らない方のためのコーナーを、ここで設けたいと思います。
ゲームセンターにある格闘ゲームの筐体(きょうたい)。

アケコン

これです。手前の方にあるレバー6つのボタンが見えますでしょうか。

これをバッコリ取り外した感じのコントローラーが「アーケードコントローラー」、アケコンなわけです。

アケコン

これ。

このアケコンにも、有名ブランドはいくつか存在します。今回は3つご紹介。

HORI

HORI

アケコンと言えば、とりあえずHORIでしょう。アケコン以外のゲームパッドでも有名なHORIですが、アケコンではRAP(リアルアーケードプロ)シリーズを販売しており、初めてならとりあえずRAP買っとけばオーケーと言われるほどです。

その理由は、

  • 信頼できるクオリティ
  • 値段がさほど高くない

が大きいでしょう。

3000円ほどの粗悪品とは雲泥の差とも言えるレベルで、耐久性、操作性が違います。
3000円ほどのアケコンは本当に軽い!軽すぎて操作が安定せず、レバーもガタガタだったりします。
RAPはそんなことはありません。15000円ほどで、高い耐久性、完璧な操作感が手に入れられます。

公式サイト:株式会社ホリ

Mad Catz

Mad Catz

梅原大吾氏(ウメハラ)の影響もあり、この企業の名前は結構知られているのではないでしょうか。

梅原大吾氏(ウメハラ)に関しての記事はこちらから!

マッドキャッツが販売しているTE2シリーズは、約3万円ほどと値段は張るものの、多機能かつカスタマイズ性が高いです。

たとえばアケコンの天板。一番見た目の影響が大きい部分ですが、パネルと天板の間にイラストを印刷した紙を挟むことで、お好みのデザインに変えることが出来ます。

絵描きさんに天板絵の依頼をすれば、この世に自分だけのアケコンを作れること間違いなしです。
あ、間違ってもタダで描いてくれ!とかはダメですよ。ダメ。

ちなみに、現在マッドキャッツは倒産していますが、一週間ほど前に復活のアナウンスがなされました。
期待。

公式サイト:マッドキャッツ株式会社

三和電子

三和電子

厳密に言うとアケコンメーカーではないです。が、ハイクオリティなボタン、レバーを生産しており、三和のボタン、レバーなら間違い無しです。

もし購入したアケコンのパーツが不具合を起こしたら、三和のものに交換することで解消されることうけあいです。

公式サイト:三和電子株式会社

レバーの持ち方

アケコン

レバーの持ち方は数種類あります。メジャーなものを3種類紹介します。

ウメハラ持ち

薬指と小指でレバーを挟む持ち方は、通称ウメハラ持ち。

自分が格闘ゲームを始めた時期、とりあえずこの持ち方でやってみて、って言われたのもこの持ち方でした。
自然な動作が可能で、無駄な力が入りません。

かぶせ持ち

レバーのボールを上から手で包むように持つかぶせ持ち。
これもメジャーな持ち方ですが、自分は少しやりにくかったです。

ワイン持ち

まるでワインのグラスを持つような持ち方でレバーを持つワイン持ちは、上記2つの持ち方に比べ正確な入力ができるとの噂。

自分もやってみましたが、たしかに正確に入力できました。が、なれないこともあってか、少し入力スピードは落ちたと感じました。

さて、それでは本題。アケコンをご紹介します。

リアルアーケードPro.V HAYABUSA

リアルアーケードPro.V HAYABUSA

自分が持っているアケコンです。格闘ゲームプレイヤーにうれしい気遣いがなされていると感じました。
たとえば、「PSボタン」が見当たりませんね?トレーニングモードで練習中、PSボタンを押してしまってコンボ途切れたーうぎー!なんてことがあると思います。

RAP.V HAYABUSAは、そのPSボタンを側面に配置。間違って押すことがほぼなくなりました。

重量もそれなりにあって、操作が安定するのも嬉しい。

お値段は約15000円。初めてのアケコンなら、とりあえずこれで間違い無し。

マッドキャッツ アーケード ファイトスティック トーナメントエディション 2+

マッドキャッツ アーケード ファイトスティック トーナメントエディション 2+

TE2シリーズといえば、上記で述べたようにそのカスタマイズ性。amazonでTE2、フェイスプレートと検索すると、多くの天板用プレートが出てきます。

やっぱりゲーミングデバイスしかり、カスタマイズ性の有無は大きいですよね。オタクは自分好みのデザインにするの大好きですし。

ボタン、レバーの交換も容易なので、約3万円とお高いですが、カスタマイズを楽しみたいといった方はこちらがおすすめ。

さいごに

以上で紹介を終わります。

やっぱり格闘ゲームするならアケコンほしいですよね!

アケコンは最初は慣れないですが、慣れるとコマンド入力とかが非常に楽になります。なにより、ゲームセンターと同じ感覚でできるのは爆アド。

それでは~。

おすすめ周辺機器
キーボードキーボード マウスマウス モニターモニター ヘッドセットヘッドセット チェアチェア
BloodEdge

ハースストーンとDQライバルズ、Steamのインディーズゲームを嗜んでいます。

げーほり編集部がオススメする面白いスマホゲームアプリをご紹介!

げーほり編集部のメンバーが、数多くのスマホアプリを遊んだ中から、特に面白かった5つのスマホアプリを厳選してみました!