タクティカルアサルトコマンダーを紹介!ゲームパッドとマウスで勝利を掴め!

2018年1月13日周辺機器

タクティカルアサルトコマンダー

タクティカルアサルトコマンダー!?アメコミかなんかのタイトルかなぁ!?

この名前を聞いた時、真面目にそう思いました。タクティ・・・なんて?

タクティカルアサルトコマンダーとは、片手はパッド、片手はマウス。それすなわち、二刀流で敵を倒すFPS特化コントローラーだそうで。

かっこいいな!?

ですが、これだけの説明ではよくわからないと思います。

マウスとコントローラーを一緒に操作したら、ジェノサイドステップしてしまいそうだし・・・。

というわけで今回は、タクティカルアサルトコマンダーのことを詳しくご紹介したいと思います。

パッド勢だけどやりにくいなぁ~;;と思っている方は、試してみてください。

タクティカルアサルトコマンダーとは!

タクティカルアサルトコマンダーとは、冒頭で紹介したようにマウスとパッドの融合体、ハイブリッドです。

タクティカルアサルトコマンダー G1

タクティカルアサルトコマンダー G1

タクティカルアサルトコマンダーの中で、「G1」と呼ばれる機種がこれ。

このデザインを見た時、最初「銃じゃねえのこれ」と思いました。よく見るとコントローラーでした。

右手はマウスを持つので、じゃあ右手側のグリップいらないな!と削った結果辿り着いたデザイン。見た目も心もシューティングプレイヤーですね。

マウスとパッドを連結させ、通常キーボードで行う移動をパッド、エイミングを繋がっているマウスで行うわけです。

タクティカルアサルトコマンダー G1

通常「L1」「L2」ボタンがあるところには5つのボタンが用意されており、キーアサインが可能です。

他に類を見ない形状のコントローラーなので、しばらく使いつつアサインしていくのがいいでしょう。

加えて、マウス部分にもこだわり機能があります。

側面に「スナイプボタン」「クイックボタン」「ウォークボタン」なるものが用意されており、スナイプボタンを押しているとマウスの感度が緩やかになります。

正確なエイミングが必要とされる際に使えます。

逆にクイックボタンは、マウス感度が最大になり、敵と鉢合わせてしまった際の近距離射撃に適した操作が可能となります。

ウォークボタンは、スティックを少し傾けると歩行モードになるゲームが多いと思いますが、結構調整難しいですよね。

それを、ボタンを押すだけでスティック全倒しでも歩行モードにしてくれます。なかなか役立ちそうです。

3種類あるタクティカルアサルトコマンダーの中では最安のG1は、現在amazonで約8000円ほど。

かっこいいデザインに惹かれた方、パッド勢だけどマウスにしたいな~と考えていたりする方は、試してみてはいかがでしょうか。

タクティカルアサルトコマンダー M1

タクティカルアサルトコマンダー M1

銃の次はグローブみたいなデザインです。タクティカルアサルトコマンダー「M1」

全くデザインは違いますが、基本的には上記のG1と同じ仕様です。

画像をよく見ると、左側面にスティックがみえますね。これで移動、付属のマウスでエイミングをします。

タクティカルアサルトコマンダー M1

そして、パッドでの移動を試してみたけど、やっぱりWASDのほうがやりやすいかもな・・・と思った方。M1にはWASDキーも搭載されています!すごーい!

タクティカルアサルトコマンダー M1

上部分のキーパッドも実はゲーミング仕様。

HORIオリジナルのメカニカルスイッチを搭載しており、高速入力が可能なんだとか。

下部分のパームレストと呼ばれる手を置く部分。

これはサイズを変更することが可能で、あなたの手の大きさによってカスタマイズすることが出来ます。

カスタマイズ性は、ゲーミングデバイスの特権みたいなもんですね。

キーアサインもすごい。PS3、4そしてPCでプロファイルを記憶させることができ、いちいち設定し直す、または全部同じ設定でやる・・・なんて手間暇はいりません。

マウスは、G1と同じ仕様です。

お値段は3種の中で一番高い24000円

手が出にくいお値段ですが、その分のパワーは持っている商品だと感じました。

タクティカルアサルトコマンダー K1

タクティカルアサルトコマンダー K1

最後に紹介するのがこの「K1」

バイオハザードシリーズのタイプライターを彷彿とさせるデザインは、実際にこれでバイオハザードをプレイすると燃え上がること請け合い。

こちらは、WASDキーでの移動をメインにしています。

キーボードからゲームに、必要な部分だけ引っ張ってきたって感じ。

PS4でも、PCと同じ感覚でFPSができるというのは素晴らしいことですね。

すべてのキーはカスタマイズ可能で、このボタンはもうちょっと近くがいいな、これはあんまり使わないから遠くのここに配置しよう・・・と悩んでいる時間もまた一興といったところ。

これもM1と同じく、カスタマイズしたプロファイルは記憶させることが出来ます。

K1のお値段は約13000円。PS3、4でもPCと同じ操作感が必要だ!という方は是非。

さいごに

タクティカルアサルトコマンダーのご紹介、いかがだったでしょうか。

個人的にはG1がほしいな~と思いました。この銃みたいなデザインがたまらん。

M1、K1も、PS3、4でPCと同じような操作感を可能にするので、予備としても買っておくと役立ちそうです。

では!

おすすめ周辺機器
キーボードキーボード マウスマウス モニターモニター ヘッドセットヘッドセット チェアチェア
The following two tabs change content below.
BloodEdge

BloodEdge

ハースストーンとDQライバルズ、Steamのインディーズゲームを嗜んでいます。

げーほり編集部がオススメする面白いスマホゲームアプリをご紹介!

げーほり編集部のメンバーが、数多くのスマホアプリを遊んだ中から、特に面白かった5つのスマホアプリを厳選してみました!