プロゲーマーも使っている!おすすめ3選ゲーミングキーボードを紹介

2018年1月5日

ゲーミングキーボード

BloodEdgeです。キーボードは実用性特化のウォッシャブルキーボードを使っています。

洗えるってすごいと思います。

皆さんはキーボードって何使ってますか?PCに付属してきたやつ?ノートPC?あら~。

もしあなたがゲームを嗜む方であるならば、キーボードにこだわることをおすすめします。

「どうせWASDで移動するだけだし~」って思っているでしょう。私も最初はそう思っていました。

ですが、キーを押す軽さだとか音だとかが、キーボードによってかなり違うんですよねこれ。重いと疲れちゃう。

てなわけで今回は、「プロゲーマーも使っている!オススメキーボード」を紹介していきたいと思います。

周辺機器オタクのみなさんも是非読んでいってください。

どんなキーボードがいいのか

まず、キーボードには「軸」というものがあり、大きく分けて3つの種類があります。

まず1つ目が「青軸」とよばれるもので、これは打鍵した際の音が大きく、いわゆる「カチャカチャッッ、ターンッ!!!」ができるキーボードです。

オタクタイピングがしたい方は、青軸を選ぶといいでしょう。

2つ目は「赤軸」とよばれるもので、こちらは青軸とは逆で、静かで軽い打鍵となります。

通話などをしながらゲームをする方は、赤軸を選ぶといいですね。

3つ目の「茶軸」は、赤と青の中間と言われています。

どの軸を選ぶかは、あなたの好み次第ですね。

軽さ

この軽さには2つの意味があります。

1つは「本体の軽さ」、もう1つは「キーの軽さ」です。

本体が軽すぎると安定しません。

キーが重すぎると疲れてしまいます。

これは実際に触ってみるのが一番ですね。

値段

値段と言ってもピンからキリまでありますが、ゲーミングデバイスは普通のものよりかなり高め。

2万円程度を用意しておくといいでしょう。

さて、それではオススメキーボードを3つ紹介していきます。

SteelSeries Apex M800

SteelSeries Apex M800

こちらは「StylishNoob」氏、「YamatoN」氏などが使用していたキーボードです(画像の物は、英語配列になっています)。

いいですよね、このゲーミングデバイスの無駄に光ってる感じ。とても好きです。

夜とかに部屋でピカピカ光ってるのみると「俺ゲーマーやん・・・」ってなるんですよね。

「世界最速」を謳っているこのキーボード、なにがそんなにはえーんだ?

それは反応速度

キーボードって押しますよね。押す深さがありますよね。

このキーボードは「1.5mm」すっとおすだけで反応してくれるのだそう。

タイプミスにはお気をつけて。

打鍵に必要な力もたったの45g。これは指が疲れなさそうだ。

え、なんだかすぐ壊れちゃいそう・・・と感じますが、なんと6000万回クリック保証だそう。

数えたのか・・・!?

お値段は約2万円とややお高いですが、ゲーミングデバイスなら妥当な値段と言えるでしょう。

公式サイト:Apex M800

Logicool G910

Logicool G910

こちらは「MikaN」氏、「tara」氏、「siotan」氏などが使用していたキーボードです。

もうまさにゲーミングデバイスって見た目してますね。

最高です。美しい。

見た目は重厚感があるものの、従来のものより60%も早く入力ができるようになったとのこと。

このキーボードには「WASD」の、ゲーマーの命とも言える4つのキーに出っ張りがついています。

移動する際に間違えたキーを押してしまいスキル暴発うわあああ!なんてことが少しでも少なくなるように設計されていますね。

そして、もう一つの特徴はイルミネーション。

光ることで存在感を放っているのがゲーミングデバイスというものですが、イルミネーションを好みの光り方にカスタマイズできるのだそう。

夜中、ゲームで負けて放心状態。そんなときに眼下でキラキラと光るイルミネーションは、まさに癒し。プラネタリウムやな!

こちらもお値段は約2万円。あなたを癒やすキーボードいかがでしょう?

Logicool G Pro

Logicool G Pro

同じくlogicoolの製品、Logicool G Pro。

プロと名付けられたこのキーボードは、e-sportsのプロフェッショナルたちに向けて作られたものだそう。

「DustelBox」氏なども使用していたキーボードです。

無駄のないスタイルでありながら、7000万回の打鍵に耐えられる耐久性を誇り、加えて25%の反応高速化にも成功した「スーパーキーボード」です。

USBケーブルを取り外して持ち運べるなど、遠征などの多いプロゲーマーたちへの配慮がなされており、まさに「プロ」の名に恥じないものとなっています。

お値段は約15000円。わりとお求めやすい?

公式サイト:PRO

最後に

キーボード紹介いかがだったでしょうか?

私もゲーミングデバイスはいくつか持っていますが、値段が張るのでやたらめったら買うものではないですよね。

購入する際には、当サイトだけではなく、周辺機器を扱っている公式サイトも見て回り、できることなら実際に触ってみて選ぶといいでしょう。

よりよいゲームライフを求めるため、よりよいデバイスを!

おすすめ周辺機器
マウスマウス モニターモニター ヘッドセットヘッドセット チェアチェア
The following two tabs change content below.

げーほり編集部がオススメする面白いスマホゲームアプリをご紹介!

げーほり編集部のメンバーが、数多くのスマホアプリを遊んだ中から、特に面白かった5つのスマホアプリを厳選してみました!