『FF14』パッチ4.3で追加された極ツクヨミ討滅戦を近接DPS視点で解説!

極ツクヨミ 解説

遅ればせながらパッチ4.3アップデートおめでとうございます。
片栗粉とろみです。

現在トレンドコンテンツの極ツクヨミ、軽く周回してみましたがまだ犬が見れていません。未実装なのかな?
ということで今回は極ツクヨミ討滅戦での近接DPSの動きについて。

基本的なギミックについては丁寧に書いてくださっている記事があるのでこちらを参考にしましょう。

この記事ではギミックの時系列順に注意点などを考察していきたいと思います。

序盤~

宵の早替えで銃(頭割り)、槍(各ロール一人ずつに前方範囲)を使ってきます。

槍のときの散開図はこんな感じ。

極ツクヨミ 解説

銃の頭割りはボス背後に集まるPTが多いです。

方向指定を取りたいところですがタイミングを誤ると、銃を一人受けして死亡、槍で別ロールを巻き込んで死亡などの事故が怖い場面。
序盤は他に使いどころがないため、トゥルーノースを使って安全に方向指定を取っていきましょう。

槍と銃が終わっての折檻後、雑魚湧き直前の履行のタイミングでボスが南側に振り向きます。
忍者の騙し討ちなどもこのタイミングのため、発動を1WS早めるなどして安定させるのがよいでしょう。

~雑魚戦

極ツクヨミ 解説

北側にヨツユを攻撃する線付き雑魚・東西に近接と遠隔の雑魚がそれぞれ3匹湧きます。
近接雑魚を遠隔もしくは線付きの場所まで引いてまとめ処理することになりますが、どちらに寄せるかは打ち合わせやタンク次第なので状況に応じて対応しましょう。

DPSにとっては範囲スキルの盛りポイントですが、線付き以外の雑魚はHPが少なく発動の遅いスキルは間に合わないこともあるため注意が必要。
特に侍の天下五剣はHPが多いターゲットを選ばないと詠唱が途切れて地団駄を踏むことになります。

以降は同じパターンがもう1セットと、ゼノスを単体処理して雑魚フェーズ終了です。
普通にこなしていれば大丈夫ですが、ヨツユが暴行を受けすぎて怨念ゲージがMAXになると強制ワイプになります。
おじいちゃんも守ってくれませんでした。悲しい世界。

究極履行~中盤

極の月詠

極ツクヨミ 解説

究極履行後は少しの殴り猶予の後、極の月読で白黒いずれかのスタック型デバフがランダム付与されます。
逆のデバフを上書きする関係で、MTと違う色の場合はボスから離れることになるため、震えながら祈りましょう。
以降は下図のようにフィールドが三日月型に分割されます。

極ツクヨミ 解説

優しいMTさんが白黒の境目にボスを置いてくれるので、デバフの上書きを繰り返してスタックが溜まりすぎないよう調整します。

片側にいすぎたりしなければ、方向指定にも支障はないでしょう。

隕石の配置

極ツクヨミ 解説

しばらくすると各ロール一人ずつにマーカーが付きます。(今回多いですね)
野良で一般的な散開図はこのようなものが多いと思います。

極ツクヨミ 解説

槍の散開と同じ方向にしておくことで隕石置き中に槍が被る事故を防げるため、非常に合理的な散開方法ですね。

さて、殴りたいのは山々ですが、後ろ髪引かれる思いで素早く担当位置に移動しましょう。猶予が短いため少し遅れるだけで間に合わず事故の原因になります。

マーカーが付いたらGCDロスのない範囲で移動して自分に付いているか確認すると安全です。
また、同時に槍or銃の攻撃があるため、ロール毎に決められた方向以外へは行かないようにしましょう。

AoE回避~デバフ上書き

隕石の配置が終わると、円形の安全地帯を移動してAOE回避の時間になります。
方向指定を取りづらい状況が続くので、トゥルーノースを使うならこのタイミングです。

このときMTと違う円に入ってしまうと殴れなくなるため、MTの動きは常に確認しておきましょう。特に最後の隕石置き場に移動するタイミングは、逆に行くとしばらく棒立ちする羽目になるので要注意です。

~終盤

白黒処理が2ループした後はボスが中央に戻り最終フェーズに入ります。
今度はボス自身に満月or新月のバフが付与され、バフに応じた攻撃をしてきます。

満月or新月、右近or左近の危険地帯は下図の通り。
右近左近は逆側へ、バフが満月なら離れて新月なら近付くといった具合です。

極ツクヨミ 解説

満月状態

満月状態では右近左近の詠唱バー6~7割程度までなら隣接して殴っていても問題ありません。離れてからも円形エフェクトが出る直前には範囲が確定しているため、タイミングを見極めて突進スキルで隣接するのがよいでしょう。

右近左近2回の後には座敷遊びと頭割りが同時に発生します。
座敷遊びの戻りに欲張って、方向指定を取りに行くと頭割りの人数がズレて事故の元になるので、トゥルーノースでも使って大人しくしておきましょう。

新月状態

極ツクヨミ 解説

左右だけ見て隣接しておけばよいため、近接的には休まず殴り続けられるフィーバータイムになります。
バフなどによるバーストは満月状態で温存してこちらに使うのがよいでしょう。
満月状態と同じく座敷遊びがありますが、こちらは各ロール1人ずつに範囲攻撃があるため散開しておきます。
マクロなどで散開指定されていない場合もマーカー同士が近付かないよう、臨機応変に動きましょう。
ボス付近に戻る頃には攻撃は来ないので、安心して方向指定を取りに行けます。

まとめ

今回は極ツクヨミでの近接DPSの動きを考察してみました。いかがだったでしょうか。
極蛮神としては比較的簡単な部類ですが、油断すると事故も起こる絶妙なコンテンツだと思います。
もらえる犬もかっこいいので、どんどん周回してみましょう!

次回もとろみにおまかせよ!

極ツクヨミ 解説

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 – 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
片栗粉とろみ

FF14が楽しすぎてとろけてしまいます。
皆さんもとろけられるよう、楽しい記事を書けたらいいなあ(願望)